2024年 4月 17日 (水)

異臭で発覚...サウナ「ロウリュ」設備に放尿被害 「悲しすぎる」オーナー明かす現場の状況

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   個室サウナのロウリュ設備に放尿した客がいたと、岐阜市内の男性専用サウナ施設がツイッターで報告して話題になっている。

   ネット上では、「なんでそんなことを...」とあきれる声が多い。どんな状況だったのか、施設のオーナーに話を聞いた。

  • 被害にあったのと同じ個室サウナ(西山誠@gihusaunaさんのツイッターから)
    被害にあったのと同じ個室サウナ(西山誠@gihusaunaさんのツイッターから)
  • 黒いロウリュが被害に遭った(西山誠@gihusaunaさんのツイッターから)
    黒いロウリュが被害に遭った(西山誠@gihusaunaさんのツイッターから)
  • 被害にあったのと同じ個室サウナ(西山誠@gihusaunaさんのツイッターから)
  • 黒いロウリュが被害に遭った(西山誠@gihusaunaさんのツイッターから)

サウナ個室を2日間閉鎖して、清掃・消毒を余儀なくされる

   「世の中色んな人がいますね」。この施設「新岐阜サウナ」のオーナー西山誠さん(43)は2022年10月18日、ツイッターでこうぼやいた。

   その投稿によると、店内にあるサウナの1つ「プライベートサウナ」の個室で、壁近くに設置してある黒いサウナストーンに放尿した客がいた。ストーンは、客自身がアロマ水などをひしゃくでかけて、蒸気を出す「ロウリュ」という入浴法に使う。この個室について、翌19日まで閉鎖して、スタッフらが清掃して消毒したと続いて報告した。

   これに対し、「何考えてんだか」「あり得なすぎます」「負けずに頑張ってください」との声が次々に寄せられた。西山さんは、こうしたリプライに1つ1つ応じて、「みんなが幸せになる場所なのに悲しすぎる」「綺麗にしましたからご安心ください」などと書いていた。

   新岐阜サウナは、岐阜市内で居酒屋2店を経営している西山さんらが、コロナ禍の中で市内のサウナ施設が閉店したことを知り、自分たちでやってみようと、クラウドファンディングなどで資金を集めて8月7日にオープンさせた。

   これまでの2か月余で1万人以上が施設を訪れた中、今回のことが起きた。そのときの状況について、J-CASTニュースでは10月19日、西山さんに取材して話を聞いた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中