2024年 3月 3日 (日)

「突き抜けてる」「異世界行けそう」 2階建ての家に不思議スペース出現...正体は?SNSで1万8000いいね

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   見かけは、2階建ての古い家だが、よく見てみると...。家の中にポッカリ穴が空いた不思議な空間の写真がツイッターに投稿され、話題になっている。一体その正体とは?

   この写真は、2022年11月16日にツイッターで投稿され、話題になって1万件以上の「いいね」が付けられている。

  • よく見ると、家の中に不思議な空間が(写真は、あさぎ@cryforthemoon_Mさん提供)
    よく見ると、家の中に不思議な空間が(写真は、あさぎ@cryforthemoon_Mさん提供)
  • 空洞部分のホワイトキューブ(写真は、あさぎ@cryforthemoon_Mさん提供)
    空洞部分のホワイトキューブ(写真は、あさぎ@cryforthemoon_Mさん提供)
  • よく見ると、家の中に不思議な空間が(写真は、あさぎ@cryforthemoon_Mさん提供)
  • 空洞部分のホワイトキューブ(写真は、あさぎ@cryforthemoon_Mさん提供)

十和田市現代美術館のサテライト会場で、「空間そのものも作品」

「一瞬気付かなくて通り過ぎそうになったんですが、一度見てしまうと違和感が凄まじい。完全にバグ」

こんな感想を書いて、写真を投稿したのが、建築設計を手がける「あさぎ(@cryforthemoon_M)」さんだ。

   あさぎさんは、この家を前から見たかったという。ガラスのドアを開けて空洞内に入る写真も投稿しており、「思わず断面をまじまじと観察してしまいました」と漏らした。

   最初の写真投稿には、1万8000件以上の「いいね」が寄せられており、「突き抜けてる」「異世界行けそう」と驚く声が上がっている。「未来から何かが送られてきて箱型の空間がボン! と無くなったとか、そういう妄想しちゃいます」との書き込みもあった。

   これに対し、あさぎさんは、この家は実は、十和田市現代美術館(青森県十和田市)のサテライト会場になっており、「この空間そのものも作品で、この部屋の中にもさらに展示作品があるという構成になってます」と紹介した。

   同美術館の公式サイトなどによると、この家は、埼玉県北本市を拠点にした現代アートチーム「目[m?]」が、十和田市内の空き家を展示室へと改装した作品「space」だ。チームは、東京の空に巨大な顔アートを浮かべる「まさゆめ」の作品で話題になったことがある。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中