2022年 12月 7日 (水)

32歳すい臓がんステージ4YouTuberが涙「とても悲しかった」 病気告白後に「一番傷ついた言葉」明かす

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   すい臓がんのステージ4であることを公表した旅系YouTuber「sunny journey〜サニージャーニー~」のみずきさん(32)が2022年11月20日公開の動画で、がん公表後に届いて傷ついた言葉を明かした。

  • YouTubeチャンネル「sunny journey〜サニージャーニー〜」より
    YouTubeチャンネル「sunny journey〜サニージャーニー〜」より
  • YouTubeチャンネル「sunny journey〜サニージャーニー〜」より

「1番みずきを傷つけたのは働けという言葉です」

   「サニージャーニー」は、元保育士のこうへいさんと、その婚約者・みずきさんカップルが運営しているYouTubeチャンネルで、沖縄から北海道にかけて車中泊での日本一周企画を行っていた。しかし、11月6日に公開した動画で、みずきさんにすい臓がんが発覚したと報告。

   12日公開の動画では、旅を中断して受けたPET検査の結果、鎖骨のあたりに転移が見られ、「今の時点では手術をやっても意味がないかなという結果でした」と報告していた。症例の少ないという「膵腺房細胞がん」で、がんのステージでいうと「ステージIV」だという。

   治療費をクラウドファンディングで集めることを告知していたが、21日公開の動画で中止を報告。この動画ではあわせて、みずきさんが視聴者からの言葉で傷ついたことも明かした。

   みずきさんはがんになったことを報告した際、視聴者からこうへいさんに対し「働け」という言葉が届いたことを告白。深く傷ついたという。

「こうへいくんに対して、『働け』とか『仕事を探せ』っていうお言葉。結構強い言葉でたくさんあったんですけれども。私のことを心配した上でそういう風に言ってくださった方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、私個人としてはとても悲しかった」

   動画のテロップでも、「1番みずきを傷つけたのは働けという言葉です」と伝えていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中