2024年 2月 27日 (火)

ラップ超難曲で「NHKのど自慢」優勝 SOUL'd OUT歌唱男性が話題...本人驚き「ネタ枠だと思っていた」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   戦後から続く長寿番組「NHKのど自慢」で、衝撃のチャンピオンが誕生した。2022年12月11日放送回で、人気ヒップホップグループ・SOUL'd OUT(ソウルドアウト)の代表曲「ウェカピポ」を歌唱した男性が優勝し、ネット上で大きな話題を呼んだ。

   歌うのが難しいことで知られている同曲を、なぜ歌おうと思ったのだろうか。歌唱した本人に話を聞いた。

  • SOUL’d OUT「ウェカピポ」で「のど自慢」を優勝した男性が話題に(高崎さん提供)
    SOUL’d OUT「ウェカピポ」で「のど自慢」を優勝した男性が話題に(高崎さん提供)
  • SOUL’d OUT「ウェカピポ」で「のど自慢」を優勝した男性が話題に(高崎さん提供)

作詞者の元メンバーも祝福「おめでとちゃんです」

   NHKのど自慢は毎週日曜昼にNHK総合で放送されている参加型の音楽番組。毎週日本各地を舞台に、地域住民たちがその歌声を競い合う。太平洋戦争終戦直後の1946年からラジオ放送がはじまり、53年以降はテレビで放送されている長寿番組だ。

   12月11日放送回では長崎県諫早市を舞台に、19人の参加者が出場した。7番目に登場したのが、ヒップホップ系のファッションに身を包んだシステムエンジニアの男性。選んだ曲は、2000年代中頃に人気を集めたグループ・SOUL'd OUT(14年解散)のデビュー曲「ウェカピポ」(03年)だった。

   日本語と英語が交じり合った、まくしたてるようなラップが特徴の同曲は、ネット上などで「カラオケで歌うのが難しい」曲として知られる。しかし、男性は歌詞を滞ることなく歌い上げ、ゲストの五木ひろしさん、ももいろクローバーZもノリノリで手を叩いて応える。サビに差し掛かったところで「合格」の鐘が鳴り、男性はのけぞりながら喜びを表現した。このパフォーマンスが評価され、最終的に男性は優勝を果たした。

   ラップの名曲がのど自慢で優勝を飾ったことに、ツイッター上では「ウェカピポで優勝!?」「マジで凄い」「優勝はヤバすぎる」「時代がようやくSOUL'd OUTに追いついてきた」と驚きの声が続出。ファンキーなリズムを奏でたバックバンドにも「生演奏してるのど自慢バンドエグい」「後ろマジでプロ過ぎん??」と称賛の声が集まった。

   SOUL'd OUT元メンバーで、「ウェカピポ」の作詞を手がけたBro.Hiさんは放送後、ツイッターで「ちょっ!ウチらのがベテランなのに〜笑いやいや、おめでとちゃんです」と優勝を祝福。SOUL'd OUT ファンを公言しているヒップホップユニット・Creepy NutsのR-指定さんは、12日放送の「Creepy Nutsのオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で「すごい」と言及した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中