2024年 5月 27日 (月)

人気洋菓子ブランド「パクリケーキ騒動」で謝罪 デザイン模倣の事実認める...商品は販売停止&回収に

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京都内などで教室を開いているフラワーケーキデザイナーの女性が、フランス発の人気洋菓子ブランド「beillevaire(ベイユヴェール)」にデザインを模倣されたと訴えていた問題をめぐり、同ブランドの運営会社が2022年12月15日、模倣の事実を認めて謝罪した。

   問題となったのは、バタークリームで花を表現した「フラワーケーキ」のデザインだ。

  • デザイン模倣が発覚したフラワーケーキ(ベイユヴェールのプレスリリースより)
    デザイン模倣が発覚したフラワーケーキ(ベイユヴェールのプレスリリースより)
  • 広く拡散されたデザイナーの指摘ツイート(編集部で一部加工)
    広く拡散されたデザイナーの指摘ツイート(編集部で一部加工)
  • ベイユヴェール公式サイトより
    ベイユヴェール公式サイトより
  • デザイン模倣が発覚したフラワーケーキ(ベイユヴェールのプレスリリースより)
  • 広く拡散されたデザイナーの指摘ツイート(編集部で一部加工)
  • ベイユヴェール公式サイトより

「写真の角度と配置まで、私の写真みながら一生懸命作ったのでしょうか」

   模倣疑惑が浮上したのは、ベイユヴェールが販売する「ガトー・オ・ブーケ」シリーズの「No.12」および「No.14」。プレスリリースによると、2022年11月から日本限定(麻布十番店、松屋銀座店、青山店、大丸神戸店、虎ノ門ヒルズビジネスタワー店)で販売していた。

   これらの商品について、フラワーケーキデザイナーの女性が12月8日、「私やスタッフが作ったケーキに酷似したケーキが販売されました」とツイート。「パクリといいたくないけど 参考にされたことがわかるくらい配置がまるまる一緒」などと訴えた。

   ツイートには、女性が過去にインスタなどで紹介していた自作のケーキと、ベイユヴェールの商品を比較した画像も添えられていた。投稿は1万6000件を超えるリツイートを集めるなど、広く拡散した。

   そうした中、ベイユベールジャパンを運営するティーケーシン社が15日、「不祥事発生のお詫びと今後の対応について」と題した謝罪文を発表した。

   2種類のケーキについて調査を行った結果だとして、「弊社が制作、販売した商品はデザインの模倣であることが判明いたしました」と認めた。

「心よりお詫びを申し上げるとともに、商品をお買い上げ頂きましたお客様、そして弊社商品を取り扱ってくださるお取引先様にご迷惑をおかけしたこと、そして今般の事態によって皆様をお騒がせしてしまいましたことをお詫び申し上げます」

と謝罪している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中