2024年 2月 24日 (土)

M-1物議採点のウラで...噴出していた「山田邦子って誰?」の声 「全盛期」知らない若者から思わぬ反応

   2022年12月18日に放送された「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)に審査員として登場したお笑い芸人の山田邦子さん(62)に対し、視聴者から「そもそも話題の山田邦子って誰なの?」といった声が上がっている。

  • 山田邦子さん(写真:つのだよしお/アフロ)
    山田邦子さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 山田邦子さん(写真:つのだよしお/アフロ)

「なんか炎上してるけど、山田邦子って誰...」

   同賞で山田さんが審査員を務めるのは今回が初。それだけに、どのような審査をするかに視聴者から注目が集まっていたが、1組目のカベポスターに最低点の84点、2組目の真空ジェシカに最高点の95点をつけるという滑り出し。

   最終ラウンドでは優勝コンビのウエストランドに投票するなどしたものの、ツイッターでは放送中から、「山田邦子さんの採点基準がわからん」といった声が上がるなど、ネット上で物議を醸していた。

   山田さんの採点を見てみると、予選1組目の「カベポスター」につけた84点は、審査員の中では突出して低い点数だった(他の審査員の点数は、松本人志さんが90点、中川家・礼二さんが92点、立川志らくさんが89点、サンドウィッチマン富澤さんが93点、ナイツ塙さんが92点、博多大吉さんが94点)。そのほか、松本人志さんが96点で、他の審査員も90点以上の評価をつけた男性ブランコを、山田さんは86点と採点するなど、独自性が光る場面があった。

   一方で、「山田邦子の採点は、私は別に何とも思わなかったかな」と、問題なかったとする声も多い。そのほか、山田さんの点数を抜いた合計点数でも、実際の予選の順位と大きな変化はないとする声も上がるなどしている。

   そんな中、これらの声に混じって、

「なんか炎上してるけど、山田邦子って誰...」
「いやだから山田邦子て誰なんだよ」

   といったツイートさらには、

「若い人は知らないから誰この人って思ってるのでは」
「今のキッズって山田邦子見てガチ誰?状態なのかな?」
「全盛期を知っている者とすればあの席にいても違和感はないが、若い人は『誰これ?』という感じだろう」

   といった、若い視聴者をおもんぱかる声も上がっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中