2024年 2月 28日 (水)

「車掌に異変」で30分超停車、原因は「抗アレルギー剤過剰服用」 救急搬送先で判明...京成電鉄説明

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   50代の男性車掌の様子に異変が生じ、電車が30分以上停車してネット上で書き込みが相次いだ騒ぎについて、京成電鉄は2022年12月28日、公式サイトのお知らせで調査結果を発表した。

   それによると、車掌は、抗アレルギー剤の過剰服用のため意識が朦朧としたという。同社では、騒ぎをお詫びしたうえで、今後は社員の体調管理について徹底を図るとしている。

  • 乗務員室の車掌(写真は、トリッピー@torio0814さん提供)
    乗務員室の車掌(写真は、トリッピー@torio0814さん提供)
  • 線路側のドアを開けていた(写真は、トリッピー@torio0814さん提供)
    線路側のドアを開けていた(写真は、トリッピー@torio0814さん提供)
  • 乗務員室の車掌(写真は、トリッピー@torio0814さん提供)
  • 線路側のドアを開けていた(写真は、トリッピー@torio0814さん提供)

車内マイクでの会話が「支離滅裂な感じ」と目撃者

   この問題では、千葉市内の京成千葉・千原線の西登戸(にしのぶと)駅で12月22日20時53分ごろ、車掌が急に体調不良になり、到着後に電車のドアが正常に開閉されない状態になった。

   ツイッター上では、車掌の様子に異変が起きたとの投稿が相次ぎ、中には、車掌が酒に酔って意味不明なことを話したと真偽不明の投稿もあった。

   これに対し、京成電鉄は23日、車掌が酔っていたとの情報については、乗務前のアルコールチェックなどから、J-CASTニュースの取材に否定的な見方を示していた。

   この電車に乗っていたという「トリッピー」(@torio0814)さんは同日、取材に対し、次のようにツイッターのダイレクトメッセージで答えた。

「京成津田沼始発20:34分発の電車だったんですけど、京成津田沼駅に停まってた時点で車掌とおぼしき男性が車内アナウンス用のマイクで運転手とのやりとりを話していた状態でした。その時の会話も支離滅裂な感じでなんなんだろうって感じで他の乗客も聞いていたのですが、異変が起きたのは次の幕張本郷駅で、駅に着いても電車の扉が開かない状況で、さっきの車内アナウンスで『鍵持って無いから開けれねーからっ』というやり取りが行われてまして、『鍵あったから』という会話の後にやっと扉が開いたと思ったら、今度は扉を閉めない状態になってそれが幕張、検見川、稲毛駅でも同じ状況でして、その時点で50分に京成千葉に到着予定の時間に間に合わない状況でした」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中