2024年 2月 28日 (水)

「日本はあらゆる面で数段上にいる」 韓国メディアも悲観するWBC日韓代表の「実力差」

   韓国野球委員会(KBO)は2023年1月4日、今年3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の最終登録メンバー30人を発表した。

   海外組は大リーグ・パドレスの金河成内野手(キム・ハソン、27)、パイレーツ崔志萬内野手(チェ・ジマン、31)、カージナルスのトミー・エドマン内野手(27)らが選出され、韓国リーグからは、元中日ドラゴンズの李鍾範(イ・ジョンボム)氏の子息で昨季リーグMVPの李政厚外野手(イ・ジョンフ、24)などが選ばれた。

  • プレミア12の韓国代表(写真:アフロ)
    プレミア12の韓国代表(写真:アフロ)
  • プレミア12の韓国代表(写真:アフロ)

国内リーグ今季15勝右腕は選出されず

   今季国内リーグで15勝をマークした速球派右腕・安佑鎮投手(アン・ウジン、23)は、高校時代に起こした暴力事件の影響で選出されなかった。複数の地元メディアによると、安の代表選出をめぐり「選ばれるべきではない」との世論が多かったという。

   韓国は1次ラウンドで日本と同じプールBに属し、3月9日に東京ドームで行われる初戦でオーストラリア、10日の第2戦で日本と対戦する。

   日本のライバルとなる韓国メディアはWBC代表メンバーを一斉に速報し、各メディアがそれぞれ特集記事を組んだ。スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は、自国代表と日本代表の力を比較しながら代表を率いる李強喆(イ・ガンチョル、56)監督の戦略を解説した。

   同メディアは「WBC代表チーム、日本ではなくオーストラリア戦に全力注ぐ」などのタイトルで記事を公開。韓国は1次ラウンド初戦のオーストラリア戦で敗れた場合、1次ラウンド通過が難しいと判断しオーストラリア戦勝利を第1目標にしたと伝えた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中