2024年 2月 28日 (水)

WBC日韓代表に変化? 日系・韓国系大リーガーで「総力挙げて戦力強化」韓国メディア指摘

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年3月8日に開幕する。1次ラウンドで日本と同組に入る韓国は1月4日に最終登録メンバーの30人を発表。各メディアがそれぞれWBCの特集記事を組み、出場国の戦力などを独自に分析した。

  • WBC栗山監督(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    WBC栗山監督(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • WBC栗山監督(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

ヌートバーの日本代表入りは決定的

   スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は1月6日、「セントルイスの1、2番打者が日韓代表チーム入り 純血主義を放棄し総力を挙げて戦力強化」などのタイトルで記事を公開した。

   同メディアは、大リーグのセントルイス・カージナルスに所属するトミー・エドマン内野手(27)が韓国代表に選出され、同じくカージナルスのラーズ・ヌートバー外野手(25)が日本代表入りすると伝えた。

   エドマンの母は韓国出身で、ヌートバーは日本人の母を持つ。両者は昨季チームで1、2番を任されることが多く、エドマンは153試合に出場し打率.265、13本塁打、57打点、32盗塁。ヌートバーは108試合に出場して打率.228、14本塁打、40打点だった。

   スポーツ紙などの報道によると、ヌートバーの日本代表入りは決定的で日系人選手がWBC代表に入るのは初めてだという。

   「スポーツ朝鮮」は、自国の選手だけで代表チームを作ってきた韓国と日本が変化を選択したと指摘。以前にも日系、韓国系米国人選手の招集の話があったが、コミュニケーションや手続きの問題、文化なども作用し実現しなかったと解説した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中