2024年 2月 24日 (土)

私はアイマスSideMに救われた 新潟大雪で車が立ち往生...恐怖の11時間支えた「推しの防災グッズ」

    「恐怖で負けそうな11時間半でした」――新潟県内の国道で2022年12月、大雪に伴う大規模な車の立ち往生が発生した。帰宅が困難となったある女性は、大好きなゲームとのコラボをきっかけに購入した防災グッズが役立ったと振り返る。

   女性を支えたのは、アイドル育成ゲーム「アイドルマスターSideM」のコラボ企画で販売されたファシル(静岡市)の防災ポーチだった。

   J-CASTニュースは、このエピソードを紹介した女性と、ファシルに取材した。

  • アイドルマスター SideMとファシルのコラボ
    アイドルマスター SideMとファシルのコラボ
  • キャラクターたちをコンセプトにデザインされた防災ポーチ
    キャラクターたちをコンセプトにデザインされた防災ポーチ
  • ノベルティとして付属していたアクリルキーホルダー
    ノベルティとして付属していたアクリルキーホルダー
  • アイドルマスター SideMとファシルのコラボ
  • キャラクターたちをコンセプトにデザインされた防災ポーチ
  • ノベルティとして付属していたアクリルキーホルダー

「コラボしたアイドルたちを見て励まされました」

   冒頭のエピソードはツイッターユーザー・やなぎさんが紹介した。30代の女性会社員で、勤務先から新潟県の山沿いにある自宅に帰宅する途中、大規模な立ち往生に巻き込まれた。この経験をブログで次のように振り返る。

   車の中に閉じ込められ、1時間に1台分進めば良いほうだった。いつもなら15分で過ぎ去る場所に約11時間半とどまった。たとえ進んでも、除雪が間に合わずに凸凹した道によって車が大きく揺れ、むち打ち状態に。やなぎさんは、孤独感による切なさや恐怖、痛みから泣きながら運転を続けた。そんな時に支えになったのが、「もしものため」に用意していた防災グッズだった。

「進んでも止まるたびに防災グッズが役立ち、コラボしたアイドルたちを見て励まされました。当時のことを思い出すと涙が出てきますが、その度に防災グッズがあってよかったと心底思います」

   やなぎさんが手にしていたのは、アイドルマスターSideMに登場する男性アイドルユニット「FRAME」をコンセプトにデザインが施された防災ポーチ。緊急用ホイッスルや静音アルミポンチョなど9点の防災グッズが備わっていた。

   やなぎさんは取材に対し、この経験を伝えることで人々が防災に関心を寄せるきっかけとなってほしいと訴える。

   特に役立ったグッズは、携帯トイレだったそうだ。立ち往生した車の周囲は田んぼしかなく、近隣に家や店舗もなかったためだ。防災ポーチには除菌シートやティッシュも入っていたため、衛生面も安心できた。さらにノベルティとして付属していたアクリルキーホルダーが心の支えになり、不安な時にずっと握りしめていたという。

   救助活動のために自衛隊が派遣されたときは、キャラクターの姿を重ね頼もしさを感じた。「FRAME」には、前職が自衛官のメンバーがいるためだ。

   やなぎさんは「sideMがなかったら防災グッズそのものも買わなかったし知ることも無かったんだろうな」と考え、「よくsideMに命を救われたと言う言葉を見ますが、私は今回物理的にも救われました」とブログに記している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中