2024年 2月 24日 (土)

井上尚弥「標的」フルトン、次戦フェザー級でリングへ 王座返上ならば「井上戦の敗北回避できる」海外メディア辛辣

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングのWBC・WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、28)が2023年2月25日、元WBA・WBC同級王者ブランドン・フィゲロア(米国、26)と米ミネソタ州ミネアポリスで対戦する。複数の海外メディアが報じた。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

正規王座決定戦昇格の可能性も

   両者は21年11月に行われたWBC・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦で対戦しており、WBO王者フルトンが判定で勝利し王座統一に成功した。約1年3カ月ぶりとなる再戦は、1階級上のWBC世界フェザー級暫定王座決定戦になる見込みだ。

   現在WBC世界フェザー級王座を保持しているレイ・バルガス(メキシコ、32)は、2月11日にWBC世界スーパーフェザー級王座決定戦に出場することが決まっている。バルガスがいつフェザー級王座を返上するかは不透明だが、王座を返上した場合、フルトン対フィゲロア戦が正規王座決定戦となる可能性が高い。

   フルトンが保持するスーパーバンタム級王座は、世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)が標的としているものでフルトンの動向に注目が集まる。

   2月の試合がWBC世界フェザー級の正規王座決定戦に昇格し、フルトンがフィゲロアに勝利した場合、世界王者としてそのままフェザー級に留まる可能性がある。フルトンが階級を上げればWBC、WBO世界スーパーバンタム級王座を返上することになり、2つの王座が空位となる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中