2024年 4月 18日 (木)

「あつ森」に77歳母どハマり...1500時間プレイで「20ページ自作攻略本」も 家族が経緯語る

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   77歳の母が任天堂のニンテンドースイッチ用ゲーム「あつまれどうぶつの森」(あつ森)に熱中し、自作の攻略本まで作ったーー。こんなツイートが「全力で楽しんでて素敵」「なんて素敵な老後」と注目を集めている。投稿者に詳しく聞いた。

  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より
  • ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんの投稿より

「何を収穫しどう加工すれば儲かるか...」

   話題となっているのは、ツイッターユーザー・TFjしろくま(@a_dungeon)さんによる2023年1月8日の投稿だ。あつ森を始めて1年の母がゲームを楽しむ様子を伝えた。

   投稿では、母が作成した「20ページの自作攻略本」を披露。「何を収穫しどう加工すれば儲かるか、花の交配法、カブの売り買いでどう儲けるか等々全て手書きでファイリング」しているという。例えば、料理や家具ごとに、作成に必要な材料や利益を一覧表にしている。

   「母は三姉妹の真ん中。昨年姉(80)と妹(72)にもあつ森勧めて婆ちゃん3人で毎日お互いの島で遊んでる。何とも楽しそうな老後」「一年でプレイ時間1500時間とかw」とも続ける。

   投稿は2万3000件以上のリツイートや13万1000件超の「いいね」を集め、「すごい、全力で楽しんでて素敵」「なんて素敵な老後ときれいな攻略本」「歳取ってもここまで熱中してできるのは尊敬する」といった声が寄せられている。

   投稿者のしろくまさんは11日、母のゲーム歴は脳トレ系のスマホアプリを多少遊んだことがある程度で、本格的なゲームはあつ森が初めてだとJ-CASTニュースの取材に答えた。

   昨年の正月に孫たちが遊んでいると、母が「自分にもできそう」と興味を持ち、ゲーム機とソフトを手に入れた。操作方法は孫たちに教わっていたものの、慣れるのに時間はかからなかったという。攻略本を自作した経緯は、

「もともとは、自分より遅くはじめた80歳の姉にわかりやすく説明するために作り始めたそうです。そこから日々内容を更新しながら現在に至ります」

と説明。しろくまさんが初めて目にした際の感想は、「あまりの内容の細かさに、驚く以前に笑ってしまいました」。今では日々、三姉妹で通話をしながら通信プレイを楽しんでいる。あつ森が生活の一部になっており、安否確認にもなるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中