2024年 3月 3日 (日)

「誕生して数ヶ月の命。人害により奪われました」 奈良公園の小鹿「こつぶちゃん」死亡、支援団体がルール順守呼びかけ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   奈良公園のシカの見守り活動をする一般社団法人「NARASHIKA」が2023年1月中旬、小鹿の死去を伝えた。衰弱死とみられる。

   人間が遠因の可能性もあるとして、園内でのルールを順守するよう求めている。

  • 奈良公園ウェブサイトより
    奈良公園ウェブサイトより
  • 奈良公園ウェブサイトより

「意外と知らない人が多い気がする」

   奈良公園には約1200頭のシカが生息し、国の天然記念物にも指定されている。

   NARASHIKAは1月14日、そのうちの一頭である小鹿が死亡したとツイッターで報告した。「こつぶちゃん」の愛称で親しまれ、生後5か月ほどだった。懸命の治療もむなしく、「誕生して数ヶ月の命。人害により奪われました」と強い言葉で訴えている。

   こつぶちゃんは親から育児放棄されており、前日から衰弱していたという。人間が小鹿に触れて匂いがつくと、母鹿が子育てを放棄するといわれている。ツイートは、人間の接触が死亡した遠因だったと示唆するものだ。

   投稿は多くの注目を集め、「みんなに愛されてたこつぶちゃんこれは悲しい」「もう、こういう事は起きてほしくない」と悲しみが広がっている。

   「鹿は触らない、大々的に周知が必要だよね...」「意外と知らない人が多い気がする...深刻な問題」とシカの生態が十分に知られていないとの指摘もあった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中