2024年 3月 3日 (日)

フルトンは井上尚弥を「圧倒する可能性ある」 体格とリーチで優位...対戦合意報道で米メディア展望

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米スポーツ専門局「ESPN」(WEB版)が2023年1月18日、プロボクシングの元世界バンタム級4団体統一王者でWBO世界スーパーバンタム級1位・井上尚弥(大橋、29)とWBC・WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(米国、28)が対戦合意に達したと報じた。5月に日本開催を目指している。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「フルトンにアウトボックスされることになる」

   対戦合意の報道を受け、米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」(WEB版)は1月18日に井上対フルトン戦の特集記事を組み両者の戦力を分析した。

   同メディアは、フルトンが体格とリーチで井上を上回っており、井上がKOにつながるビッグパンチを当てることができなかった場合、フルトンにアウトボックスされることになるといっても過言ではないだろうと解説した。

   プロキャリアをライトフライ級(48.9キロ)でスタートした井上の身長は165センチでリーチは171センチ。一方、55.3キロリミットのスーパーバンタム級を主戦場としてきたフルトンは身長169センチ、リーチ179センチと、いずれも井上を上回る。

   記事ではフルトンのボクシングスタイルに言及し、質の高いパンチと手数が井上を圧倒する可能性があると分析した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中