2024年 2月 21日 (水)

大谷翔平が先発でも韓国勝機あり? 「たとえ攻略できなくても...」WBC日韓戦めぐり地元報道

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が2023年3月に開幕する。1次ラウンドで日本と同組の韓国では、スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)が1月19日にWBCの特集記事を組み日韓戦を独自分析した。

  • 大谷翔平投手(編集部撮影)
    大谷翔平投手(編集部撮影)
  • 大谷翔平投手(編集部撮影)

「どうやって打っていいのか分からない」

   日本と韓国が属するプールBは3月9日に東京ドームで初戦が行われ、日本は中国、韓国はオーストラリアとそれぞれ対戦する。日韓戦は10日の第2戦で実現し、両国がプライドをかけて激突する。

   同メディアは、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(28)が日韓戦で先発のマウンドに上がる可能性が高いと指摘。大谷が韓国戦2試合に先発した「2015WBSCプレミア12」を振り返り、日本攻略の可能性に言及した。

   当時日本ハムに所属していた大谷は開幕戦と準決勝に先発した。開幕戦では6回2安打10奪三振と好投しチームを勝利に導いた。準決勝でも圧巻の投球で7回1安打11奪三振。試合は日本が3点リードの9回に4点を奪われ3-4の逆転負けを喫した。

   記事では、韓国代表は大谷に13イニングで21個の三振を奪われ、打席に立った選手たちはみな大谷の投球に驚いたと指摘した。相手チーム、それも日本代表の投手だが、みなが認めざるを得ないほどの速球で、選手たちは「どうやって打っていいのか分からない」と口を揃えたという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中