2024年 3月 4日 (月)

藤浪晋太郎はメジャーで成功できるのか 今季3勝止まりも...4億円契約が示す期待の大きさ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   阪神からポスティング・システムを利用して米アスレチックスに入団した藤浪晋太郎。現地時間2023年1月17日に本拠地・オークランドの球団事務所で入団会見を行った際は、流暢な英語でスピーチし、米国メディアから大きな拍手を受けた。

  • 藤浪晋太郎(写真:AP/アフロ)
    藤浪晋太郎(写真:AP/アフロ)
  • 藤浪晋太郎(写真:AP/アフロ)

「昨季の夏場のような投球を披露できれば」

   阪神を取材するスポーツ紙記者は、

「藤浪は他競技のアスリートと交流が広いように、自分が知らない世界に興味を示すタイプ。近年は思うような結果を残せなかったが、新天地でモチベーションは高いでしょう。食生活や環境で米国になじめない選手がいますが、大らかな性格なので問題ないと思います。日本球界で活躍続けてメジャー挑戦する吉田正尚(レッドソックス)、千賀滉大(メッツ)に比べると世間の期待値は低いですが、昨季の夏場のような投球を披露できれば十分に活躍できると思います」

と太鼓判を押す。

   2年連続開幕投手を務めた昨季は16試合登板で3勝5敗、防御率3.35。この結果だけを見ると満足できないが、内容を見ると評価が変わってくる。

   8月に1軍昇格以降は先発で安定した投球を披露。救援で投げた最終登板を除き、6試合先発して5試合で6イニング以上投げ切っている。8月13日の中日戦(京セラドーム)、同月20日の巨人戦(東京ドーム)はいずれも7回1失点の快投。2試合連続無四死球と制球難で悩まされていた面影がなかった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中