2024年 5月 29日 (水)

WBC侍ジャパン「世代交代」に韓国メディア驚き 東京五輪の主力ベテラン落選「大々的な変化」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2023年3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本を率いる栗山英樹監督が1月26日に会見を行い、出場選手30人を発表した。1次ラウンドで日本と同組の韓国では各メディアが速報し、注目度の高さをうかがわせた。

  • 栗山監督(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    栗山監督(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • 栗山監督(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

田中、坂本、菊池らベテラン勢は代表外れる

   韓国メディア「OSEN」(WEB版)は、21年に開催された東京五輪の代表メンバーと比較し、「東京五輪と比べると大々的な変化があった」と驚きを持って伝えた。

   日本が金メダルを獲得した東京五輪は24人が代表に選出され、その中で今回のWBCメンバーに入ったのは10人だけだった。

   東京五輪に続いて代表入りしたのは、山本由伸投手(オリックス)、伊藤大海投手(日本ハム)、栗林良吏投手(広島)、甲斐拓也捕手(ソフトバンク)、源田壮亮内野手(西武)、山田哲人内野手(ヤクルト)、村上宗隆内野手(ヤクルト)、吉田正尚外野手(レッドソックス)、鈴木誠也外野手(カブス)、近藤健介外野手(ソフトバンク)。

   同メディアは、東京五輪で金メダルに導いた田中将大投手(楽天)、坂本勇人内野手(巨人)、菊池涼介内野手(広島)、柳田悠岐外野手(ソフトバンク)らベテラン勢がWBC日本代表から漏れ、佐々木朗希投手(ロッテ)をはじめ高橋宏斗投手(中日)、宮城大弥投手(オリックス)、戸郷翔征投手(巨人)ら若手が代表入りしたと解説し、世代交代を強調した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中