2024年 6月 14日 (金)

スシロー迷惑動画は「岐阜県内の高校生」報道 ネット名指しの学校は「事実確認など調査している」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   大手回転寿司チェーン「スシロー」の店内で若い男性が醤油ボトルをなめるなどした問題で、この男性は岐阜県内の高校生とみられると地元メディアが報じた。

   ネット上で名指しされた高校は、「事実確認などの調査をしている」と取材に答え、大騒ぎになったことに困惑している様子だった。

  • スシロー
    スシロー
  • なめた指で寿司のネタに触る男性(投稿された動画から)
    なめた指で寿司のネタに触る男性(投稿された動画から)
  • スシロー
  • なめた指で寿司のネタに触る男性(投稿された動画から)

「刑事民事の両面から厳正に対処」

「ネット上の情報ですので、事実を確認するなどの調査をしています」

   名指しされた高校の教頭は2023年2月1日、戸惑った様子でJ-CASTニュースの取材にこう話した。

   今回の「迷惑行為」を撮った動画は、かなり生々しい内容だった。

   髪を金色に染めた男性が、周囲を警戒してキョロキョロしながら、テーブルにあった醤油ボトルを素早くなめる。さらに、棚の上にあった未使用の湯飲みを1つ取り、なめ回して元の位置に戻したり、なめた指でレーンを回ってきた寿司のネタを触ったりして、勝ち誇ったように親指を立てていた。

   撮影者は、向かいの席にいた別の男性らしく、「ヤバッ」などと言って笑っていた。

   動画は、インスタグラムに24時間で消えるストーリー機能を使って投稿されたとみられている。「きもい」と題され、コメント表示には、ボトルなどをなめた男性のSNSとみられているアカウント名を付けて、「もっと大人になれよ」とあった。

   この動画がツイッターで1月29日ごろから炎上状態になると、店を運営する「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)が30日、「SNSで拡散されたスシロー店舗での迷惑行為について」と題して、公式サイトでお知らせを出した。そこでは、被害に遭った対象となりうる店で消毒などを進めて警察と相談しているとしたうえで、「刑事民事の両面から厳正に対処してまいります」などと報告した。

   一方、ネット上では、醤油ボトルをなめるなどした男性の特定が進められ、通っているという高校名のほか、生徒の実名とされるものまでも挙げられている状況だ。

名指しされた高校「非常に騒がれて、アドバイスやお叱り」

   そんな中で、この男性について、東海テレビが「岐阜県内の高校生」とみられると1月30日にウェブ版の記事で報じ、中日新聞は、動画の制作に関わったとみられるのは、「県立高校の生徒」だと31日付の記事で指摘した。

   中日の記事によると、この生徒は、自ら岐阜県警に相談している。関係者の話だとして、生徒は、SNSで友人と動画を共有するつもりだったが、手違いで外部に流出してしまったという。

   記事では、県警が偽計業務妨害などの疑いで捜査するとみられるとした。

   こうした情報や報道は、どこまで事実なのだろうか。

   ネットで名指しされた県立高校の教頭が2月1日、J-CASTニュースの取材に答え、動画の男性が生徒かどうかについて、事実関係を調査しているとしたうえで、こう説明した。

「個人とお店の問題ですので、学校としては、生徒かどうかについてはお答えできません。非常に騒がれて、アドバイスやお叱りをいただいており、本校の生徒たちが安心・安全に登校できるよう最大限に努力しています」

   県教委の学校安全課では1月31日、取材に対し、「動画のことは報道などで承知しています。個人情報に関わる個別案件ですので、お答えは差し控えさせていただきます」と答えた。

   また、県警の広報県民課も31日、「動画が拡散している事実は確認していますが、捜査に支障がありますので、コメントすることは差し控えさせてください」と取材に述べた。

   スシローを運営するあきんどスシローは、2月1日に公式サイトのお知らせを更新し、動画の店は、岐阜市内のスシロー岐阜正木店だと発表した。1 月 30 日の開店前に醤油ボトルを入れ替えるなどの衛生対応を行ったとし、31 日午後に警察に被害届を提出したと明らかにした。

   そして、「迷惑行為を行った当事者と保護者から連絡があり、お会いして謝罪を受けました」とも報告したが、「引き続き刑事、民事の両面から厳正に対処してまいります」としている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中