2024年 6月 16日 (日)

凍結予防機能で「雪だるまがダンス」...給湯器の謎アニメ話題 製造元もびっくり、廃盤品の「激レア演出」だった

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   給湯器の画面内で雪だるまたちが踊り始めた――ツイッターでこんな投稿が話題になった。今季最強の寒波によって冷え込んだある日、給湯器が凍結予防のために作動した際の出来事だという。アニメーションでは、足の生えた雪だるまが登場し、帽子を着脱しながら軽快に踊る。

   J-CASTニュースの取材に対し、給湯器メーカーの広報は2023年2月1日、「特殊な状況下でしか見られないアニメーションで設計担当者も驚いている」と話す。

  • 寒い日に目撃される謎のアニメーション(2017年1月16日にツイッターユーザー@Tacco_71さんが紹介したもの)
    寒い日に目撃される謎のアニメーション(2017年1月16日にツイッターユーザー@Tacco_71さんが紹介したもの)
  • 寒い日に目撃される謎のアニメーション(2017年1月16日にツイッターユーザー@Tacco_71さんが紹介したもの)

寒い日に目撃される謎のアニメーション

   あるツイッターユーザーが1月25日、知人宅の給湯器の機能が面白いと紹介した。自動的に立ち上がった給湯器が機器本体の凍結を予防するための「凍結予防運転」を始め、その際に雪だるまのアニメーションが流れ出したという。

   実際の動画も添えられたこの投稿が、2月1日19時までに、1万3000回以上リツイートされ、3万7000件以上の「いいね」を集める大きな反響を呼んだ。リプライ欄には「すばらしい遊び心だな」などと驚く声が寄せられている。

   同様のアニメーションは、2017年1月16日にもツイッターで紹介されている。同年の「最強寒波」が流れ込んだ日だ。

   これらの投稿に対しツイッターでは、東京ガスが2008年に発売した浴室リモコン「IBR-A08A-BGISV」のアニメーションではないかという指摘が寄せられた。説明書によれば、冬期に「凍結予防運転」を行うことがあり、その際にアニメーションが表示されることがあるという。

   取材に対し東京ガスの広報担当者は、廃盤となった商品で詳細は分からないが、製造元なら分かるかもしれないと話す。当時、東京ガスの子会社だったガスターが製造したもので、ガスターは現在、リンナイの連結子会社となっている。J-CASTニュースは、リンナイの広報担当者を通して当時の設計担当者にアニメーションを採用した背景を取材した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中