2024年 2月 23日 (金)

ライブ用耳栓を使うのは失礼? 「陰口言われた」体験談に反響、アーティストも反応「全く失礼ではありません」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   客席でライブ用耳栓をしていたところ、「失礼じゃない?」と陰口を言われて悲しかった――。

   こんなツイートに、ライブを行ったソロプロジェクト「センチミリメンタル」のミュージシャン、温詞(あつし)さんが反応し、耳栓への理解をツイッターで訴えたことが反響を集めている。

  • ライブでの耳栓着用が話題に(写真はイメージ)
    ライブでの耳栓着用が話題に(写真はイメージ)
  • ライブでの耳栓着用が話題に(写真はイメージ)

「耳栓とか失礼じゃない?」

   きっかけは、温詞さんのファンが2023年2月6日、前日にあったライブツアー東京公演での体験をツイッターで告白したことだった。

   このファンは、ライブは素晴らしかったとしながらも、悲しいことがあったと漏らした。それによると、ライブ中はいつも、音楽用耳栓、イヤープラグなどとも呼ばれるライブ用耳栓を着用している。しかし、ライブの帰り際に、「耳栓とか失礼じゃない?」と、自分にも聞こえるように陰口を言われて悲しかったという。

   こうした経験を踏まえ、ライブ用耳栓があることを少しでも知ってほしい、理解する人が増えたらと訴える内容だ。

   ファンの投稿は、4000件以上「いいね」が付く注目を集め、温詞さんも同日、ツイッターでこの投稿を引用して、こうつづった。

「つらい思いさせてごめんね。ライブハウスは音量が大きいので、人によっては耳に負担がかかり過ぎる場合があります。ので、そういう方は耳栓をしたりして調節することがあります。なのでその行動はアーティストに対して全く失礼ではありません。皆様、ご理解下さい。お願いします」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中