2024年 4月 22日 (月)

「一切悪びる様子ない」 舞いあがれ!兄の苦悩判明も...舞の態度に視聴者モヤモヤ「応援できない」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2023年2月7日放送のNHK朝の連続テレビ小説「舞いあがれ!」では、舞(福原遥さん)の兄・悠人(ジャニーズグループ「関ジャニ∞」横山裕さん)が亡き父と和解するシーンが描かれた。

   そうした展開の中で、舞が過去に放ったセリフが視聴者の間で波紋を呼んでいる。

  • 福原遥さん(写真:Pasya/アフロ)
    福原遥さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 福原遥さん(写真:Pasya/アフロ)

悠人が、亡き父・浩太が遺した日記を読むと...

   投資家として財を成した悠人が、インサイダー取引の疑いで追われる身となった。絶望する悠人に、舞は亡き父・浩太(高橋克典さん)が遺した日記ノートを「これお父ちゃんが描いてたノート」と渡す。

   そこには、生前わかりあえなかった浩太の想いがズラリ。「悠人には投資の才能があるのやろう。その才能を努力して伸ばしてきたんやなぁ。立派やなと思う」「悠人の夢がわからへん、けど、いつかわかりたい。そのために僕は自分の夢を捨てたらあかんのや」などと書かれていた。

   悠人は、仏壇の前で「親父、俺のことわかろうとしてくれてたんやな」「生きている間に言うてくれたらよかったのに」と涙。舞のほうを向き、「なぁ舞。前、言うてたよな。『なくなったもんは二度と取り戻されへん。あとから悔やんでも遅いんや』って」「それホンマやったわ」と悔いる気持ちを吐露し、「親父、ごめんな。ごめんな...」と大粒の涙を流すのだった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中