日本の飲食店で「カビ生えた麺」提供? 台湾YouTuberの告発が大波紋...店側は否定「偽りの投稿をされ戸惑っている」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   日本の飲食店で働いていた台湾の女性ユーチューバーが2023年2月上旬、食品衛生に関する告発をして波紋を呼んでいる。

   女性によれば、店主からカビの生えた麺の提供を迫られたとし、台湾の大手メディアが相次いで報じる事態になっている。一方、店側はJ-CASTニュースの取材に「偽りの投稿をされ、戸惑っています」と困惑を隠せず、弁護士への相談も検討しているという。

  • 東森新聞より
    東森新聞より
  • 台視新聞より
    台視新聞より
  • 東森新聞より
  • 台視新聞より

「茹でたら大丈夫」

   数万人のチャンネル登録者数を持つ台湾の女性ユーチューバーは2月1日、日本でのワーキングホリデー中のトラブルをフェイスブックで訴えた。

   女性はフェイスブックグループでの募集を通じ、都内にある中華料理店でアルバイトを始めた。勤務から数か月たった夏のある日、厨房の冷蔵庫で保管していた麺にカビが生えていることに気付く。

   写真を撮って店主に報告したところ、「茹でたら大丈夫」と返事があった。客が体調不良になってしまうと懸念を漏らすと、黙るようにと恫喝されたという。

   女性は納得できず、店を辞める決意をした。注意喚起の意味でネットにカビの生えた麺の写真を投稿すると、それを見た人が保健所に通報する騒動となり、女性には報復として給与が支給されなくなった――。

   店名は明らかにしていないが、厨房での自撮りやラーメン鉢の写真を投稿しており、これらの情報から都内にある台湾料理店とみられる。チェーン展開する人気店で、運営会社のウェブサイトには出演したテレビ番組や来店した著名人の名前が数多く載っている。

   口コミサイトでは、この女性が書いたとみられる1年前の店への投稿が見つかる。女性はフェイスブックの告発文のコメント欄で、店の紹介ページを掲載した人に「グッドマーク」を送っている。

姉妹サイト