2024年 5月 28日 (火)

メタバースSNS「Bondee」が大ヒット なぜ急成長?セキュリティは問題ない?運営会社が答えた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   彗星のごとく現れたSNS「Bondee(ボンディー)」の勢いが止まらない。2022年12月のリリース後、またたく間に利用者を増やし、アプリストアランキングの上位に躍り出た。

   なぜ短期間で支持を得られたのか、セキュリティ面の懸念は事実なのか。日本法人に聞いた。

  • Bondeeのツイッターアカウントより
    Bondeeのツイッターアカウントより
  • GooglePlayストアより
    GooglePlayストアより
  • Bondeeのツイッターアカウントより
  • GooglePlayストアより

「アメーバピグ」を思わせる世界観

   ボンディーは、「次世代メタバースSNSアプリ」として2022年12月に配信を開始した。

   シンガポールに本社を置くIT企業「メタドリーム」が手がけ、日本、シンガポール、韓国、タイ、マレーシア、フィリピン、台湾とアジア圏に展開している。

   かつて一世を風靡したコミュニティサービス「アメーバピグ」を思わせる世界観で、自らの分身(アバター)を作成して仮想空間で友人と交流したり、何気ないつぶやきを投稿したりできる。友人になれるのは50人までで、ツイッターやインスタグラムなどと違い「クローズド性」が特徴だ。

   利用は無料。アバターの衣装の一部が「期間限定のお試し」となっているため、将来的にはファッション性の高いアイテムの有料化などで収益化を図るとみられる。

   アプリストア「グーグルプレイ」では23年2月10日現在、500万以上ダウンロードされており、評価は5点満点で4.3点(レビュー数は2万超)を記録する。「アップストア」では、iPhoneの無料SNSランキングで2位となっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中