2024年 4月 13日 (土)

那須川天心はボクサーとして成功できるか キックから転向の「強みと課題」を識者に聞いた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   キックボクシング界の「神童」こと那須川天心(帝拳、24)が、東京・後楽園ホールで行われたプロボクシングのB級(6回戦)プロテストに合格した。2023年4月8日に東京・有明アリーナでプロデビュー戦を予定しており、日本バンタム級4位・与那覇勇気(真正、32)とスーパーバンタム級6回戦を行う。

  • 那須川天心選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    那須川天心選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 那須川天心選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「試合勘、相手との距離感は優位に働く」

   プロボクシングの長い歴史の中でキックボクシング(ムエタイ)から転向して世界王者となった例は数多くある。なかでもタイではムエタイ王者がボクシングに転向して成功を収めるケースが多く、プロ3戦目で世界王者になったツワモノもいる。

   日本では元K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者の武居由樹(大橋、26)がボクシングに転向し世界王者を目指している。22年8月には東洋太平洋スーパーバンタム級王座を獲得し世界ランクにも名を連ねている。ここまでプロ6戦全勝全KOと完璧なレコードを誇る。

   那須川は以前からプロボクシングのジムでスパーリングなど実戦的な練習を行っており、ボクシング関係者の評価は高い。一方の武居もプロ5戦目で東洋太平洋王座を獲得するなど次期世界王者候補に挙がっている。

   那須川、武居は新たな舞台で世界の頂点に立つことはできるのか。J-CASTニュース編集部はプロボクシングTMKジムの金平桂一郎会長(57)にキックボクシングからボクシングに転向した選手のメリットや課題を分析してもらった。

   金平会長は「キックボクシングからボクシングに転向するというのは昔からあり、決してレアケースではありません。成功例もありますが失敗した例もあります」と前置きし、ボクシングに転向する上でのメリットを解説した。

「蹴りがあるなしに関わらずリング慣れしていることですね。蹴りがないことで間合いが若干違うところがありますが、リング慣れというのは何物にも代えがたい財産だと思います。那須川、武居両選手に言えます。ボクシングはパンチだけなのである程度の調整が必要になってきますが、試合勘、相手との距離感は優位に働くと思います」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中