2024年 5月 27日 (月)

巨人V奪回のポイントは「新外国人選手」 投手は「非常に良い」...野手は?元コーチが戦力分析

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の春季キャンプが2023年2月1日にスタートした。3年ぶりのリーグ優勝を目指す巨人は、1軍が宮崎県でキャンプを張っている。

   昨季はリーグ4位に終わりクライマックスシリーズ(CS)進出を逃す屈辱を味わった。今季は「奪回」をチームスローガンに掲げ頂点を目指す。第3次政権の5年目となる原辰徳監督(64)はどのような采配でチームを優勝に導くのか。J-CASTニュース編集部は巨人の元戦略コーチである橋上秀樹氏(57)に戦力を分析してもらった。

  • 原辰徳監督(編集部撮影)
    原辰徳監督(編集部撮影)
  • 原辰徳監督(編集部撮影)

昨オフは外国人選手を大幅入れ換え

   昨オフ、フリーエージェント(FA)での補強をしなかった巨人は外国人選手を大幅に入れ換えた。

   C.C.メルセデス投手(28)、マット・シューメーカー投手(36)、ルビー・デラロサ投手(33)、チアゴ・ビエイラ投手(30)、ゼラス・ウィーラー内野手(36)ら複数の外国人選手を自由契約とし、投手4人、外野手1人の計5選手を獲得した。

   国内では広島・長野久義外野手(38)、ソフトバンク松田宣浩内野手(39)らベテランが加入し、現役ドラフトでオコエ瑠偉外野手(25)を獲得した。

   橋上氏は今季、投打共に新外国人選手がポイントになると指摘し、「特に昨シーズンはピッチャー陣の数字が悪かったので、新加入の外国人選手がどれくらい機能するかというところで大きく順位が変わってくる。セ・リーグは戦力が比較的拮抗しているので優勝も十分狙うことができると思います」と分析した。

   今季4人の外国人投手を獲得し戦力を補強。フォスター・グリフィン(27)、タイラー・ビーディ(29)、ヨアンデル・メンデス(28)は先発ローテーションとして期待され、ヨアン・ロペス(30)はリリーフ候補となる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中