2024年 5月 20日 (月)

「日本より弱いという評価は正しい」 WBCで日韓激突も...韓国球界レジェンドが認めた「戦力差」

   大リーグのロサンゼルス・ドジャースなどでプレーした韓国球界のレジェンド朴賛浩(パク・チャンホ、49)氏が、2023年3月に開幕するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に言及した。地元スポーツメディア「スポーツソウル」(WEB版)が2月14日に報じた。

  • 朴賛浩氏(写真:ロイター/アフロ)
    朴賛浩氏(写真:ロイター/アフロ)
  • 朴賛浩氏(写真:ロイター/アフロ)

韓国の長所はチームワーク

   朴氏は大リーグ通算124勝を挙げ、国内ではレジェンドとして英雄視されている。サンディエゴ・パドレス時代の06年にWBCに出場し、チームのベスト4に大きく貢献。個人では大会最多セーブを挙げ優秀選手に選出されるなど投手陣の大黒柱として存在感を示した。

   今大会ベスト4進出を目指す韓国に対して日本は「世界一」を目標に掲げている。1次ラウンドで同組に属しており、3月10日に東京ドームで日韓戦が実現する。

   スポーツソウルによると、朴氏は両国の戦力を独自に分析し「戦力だけ見れば韓国が弱い。日本より弱いという評価は正しいと思う」と率直に持論を述べた。

   一方で韓国の長所はチームワークだとし、「選手同士が本当にしっかり団結している。2006年WBCがまさにそうだった。イ・ジョンボムという素晴らしいキャプテンが選手たちをひとつにした。今回の代表もそうなると思う。キャプテンやベテランがチームをひとつにまとめれば、近年のWBCや東京五輪とは違った結果になるだろう」と語った。

   韓国は06年WBC第1回大会でベスト4に入った。09年の第2回大会では準優勝したが、13年第3回大会は1次ラウンド敗退。17年の第4回大会は地元ソウルでの開催となったが再び1次ラウンドで敗退し屈辱を味わった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中