ホリエモン就任→担当W退職で「登録解除」続出 YouTube「ゲームさんぽ」改称騒動、運営会社が事態釈明

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   IT企業ミンカブ・ジ・インフォノイドは2023年2月14日、実業家の堀江貴文氏が子会社ライブドアのアドバイザーに就任し、ユーチューブでのニュース解説を担うと発表した。

   ライブドアの運営するユーチューブチャンネルは、「ゲーム実況」動画が大半で、専門家が解説する独自のスタイルが好評を博していた。この日には、運営を担当していた人気社員2人の退職も発表され、視聴者に混乱が走っている。

  • ゲームさんぽ動画より
    ゲームさんぽ動画より
  • ゲームさんぽ動画より

書籍化されるほどの注目チャンネル

   ミンカブの発表によれば、堀江氏はライブドアのエグゼクティブ・アドバイザーに就任し、まずはメディア事業「ライブドアニュース」とのコラボレーションを始める。

   ライブドアニュースが運営するゲームチャンネル「ゲームさんぽ/ライブドアニュース」への出演を予告し、実際に14日には「【堀江の一本】マイナンバーカードって何のために使われるの?堀江貴文に聞いてみた」と題した時事解説動画が公開された。説明欄には「ライブドアニュース編集部があらゆるニュースの中から選んだ『一本』を堀江貴文さんに解説していただきます」とあり、シリーズ展開するとみられる。チャンネル名からは「ゲームさんぽ」が外れた。

   「ゲームさんぽ」は登録者数40万以上、総視聴数は約1億の人気チャンネルだ。ユーチューバーのなむさんが17年に、ゲームをその分野の専門家が解説する形式を考案、19年からライブドアニュースがコラボを始めた。

   これまでに『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』×気象予報士、『天穂のサクナヒメ』×お米ソムリエ、『あつまれ どうぶつの森』×美術館学芸員などが公開され、22年3月には書籍化された。

   堀江氏の就任発表当日には、動画にも出演していた担当社員のいいださん、マスダさんの2月末での退職も明かされた。2人がそれぞれ公表した。いいださんは「ゲームさんぽの看板を下すことにしたようです。不快に感じた方も多いかと思い、大変申し訳ない気持ちですが、この決定については私も今日知らされました」と複雑な心境を吐露している。

姉妹サイト