2024年 2月 28日 (水)

日本サッカー協会は「重く受け止めた方が良い」 なでしこ戦「中継なし」に不満殺到...元代表も「理解に苦しむ」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の国際試合の中継がなかったことに、サポーターから不満の声が相次いでいる。

   なでしこジャパンの公式ツイッターにも、直接不満や苦言を呈するリプライが続出。こうした状況に、元日本代表の川澄奈穂美さんも「重く受け止めた方が良い」などと反応している。

  • 川澄奈穂美(写真:アフロ)
    川澄奈穂美(写真:アフロ)
  • 川澄奈穂美(写真:アフロ)

「結果速報すらない」

   国際親善大会「シービリーブス・カップ」の初戦であり、サッカー女子日本代表の2023年初陣であった2023年2月17日早朝のブラジル戦。日本サッカー協会(JFA)が運営するなでしこジャパンの公式ツイッターで試合を行うという告知はあったが、国内でのテレビやネット中継はなかった。

   23年は女子ワールドカップイヤー。それもあってか、ファンからは「静かすぎる初陣」「W杯イヤーで強豪国と試合できる良い機会なのに、放送もなしですか?」「いくらなんでもサイレントすぎんかさすがに選手が可哀想よ」といった落胆の声が相次いだ。

   ツイッターでは試合展開などの速報もなかったため、「前半終わって、まだ公式からのスタメン発表もない。配信もないのに、公式の発表までなかったら、盛り上げようもないね...」「放送配信はおろか、公式Twitterも実況どころかスタメン発表も結果速報すらない」など、疑問を呈すサポーターも出ていた。

   こうした状況に、なでしこのレジェンドも反応。川澄さんは、試合告知のツイートを引用する形で

「コメント、引用リツイートを重く受け止めた方が良いと思います。今年はワールドカップイヤー。こんな良い試合を日本では観れないだなんて」

と苦言を呈した。続いて「ファン・サポーターのみなさん、離れていかないでください目の上のたんこぶOGより」とコメントしている。

   その後、川澄さんは試合の模様をテキスト実況。そのほか、中継がなかったことに落胆するユーザーの投稿にも、「まじ理解に苦しむよね」と返信する場面もあった。

   この日、日本はブラジルに0-1で敗れたが、20日にアメリカ戦、23日にカナダ戦を控えている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中