2024年 2月 27日 (火)

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
岸田首相の行動が解せない 態勢整えていたというが...北朝鮮ミサイル飛行中に診療

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北朝鮮は、2023年2月18日にICBM(大陸間弾道ミサイル)級の発射訓練を行ったと発表した。これは火星15号と呼ばれる北朝鮮のミサイル。北朝鮮の国営テレビによる発表によると、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が、事前に計画を伝えずに18日8時に命令を下し、10時間後に発射されたという。ミサイルは、日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下した。

   浜田靖一防衛大臣は、防衛省で記者団に対し、このミサイルについて「弾頭の重量などによっては、1万4000キロを超える射程となりうるとみられ、その場合、アメリカ全土が射程に含まれる」と述べた。

  • 岸田文雄首相
    岸田文雄首相
  • 岸田文雄首相

米中の気球問題での対立も関係か

   今回、朝に不意打ちで命令して、10時間後に発射されたということで実戦配備されていることを示唆している。なぜ、このタイミングなのか。米中の気球問題での対立も関係していると筆者はみている。

   実は、ブリンケン・米国務長官が18日、ドイツのミュンヘンで中国共産党の王毅政治局員と会談した。ブリンケン氏は、気球問題で4日に撃墜し中国への訪問を延期しており、両国高官が対面で話をしたのはそれ以来だ。

   北朝鮮が、18日の米中外交トップ会談を事前に知っていたかどうかは分からないが、あまりに絶妙なタイミングだ。もちろん、アメリカに対して、相手は中国だけではなく、北朝鮮もいるとのアピールだ。これまでも北朝鮮は核とミサイルを開発することで、アメリカを交渉のテーブルに引きずり出そうとしている。

   一方、日本の対応はどうか。岸田文雄総理大臣は「国際社会全体に対する挑発をエスカレートさせる暴挙だ」と非難。また18日19時すぎからNSC(国家安全保障会議)を開催した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中