2024年 4月 14日 (日)

「混んでいても座れない」路線バスの最前席 コロナ対策で封鎖も...これからどうなる?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年3月13日からマスクの着用が個人の判断に委ねられるようになるなど、新型コロナウイルスをめぐる状況が大きく変わろうとしている。路線バスの運行会社の中には、感染対策のためバスの一番前の席を封鎖しているところもあり、路線によっては立客が出るほどの混雑時であっても席に座れない状況も発生している。「最前席封鎖」をめぐる各社の今後の対応は。

  • バス会社の「最前席空け」これからどうなる?
    バス会社の「最前席空け」これからどうなる?
  • バス最前席封鎖の例(京浜急行バスのニュースリリースより)
    バス最前席封鎖の例(京浜急行バスのニュースリリースより)
  • バス会社の「最前席空け」これからどうなる?
  • バス最前席封鎖の例(京浜急行バスのニュースリリースより)

業界団体ガイドラインから「座席の使用禁止」消える

   東京23区東部のJR錦糸町駅(墨田区)と門前仲町駅(江東区)を結ぶ、都バスの都07系統。江東区内の「鉄道空白地帯」を縦断し、16~20年度にかけて5年連続で都バス全路線の中で最多の乗車人員(一日あたり)を記録するなど、屈指の混雑路線だ。

   23年2月下旬、夕方の帰宅時間帯に記者が途中の西大島駅前バス停を訪れると、バスを待つ人で長い列ができていた。バスに乗り込むと、車両の一番前から後ろまで立客で埋まるほどの込み具合。しかし、運転席後ろの座席は感染対策のため紐で塞がれ、座ることはできなかった。

   新型コロナウイルスが流行し始めた20年春以降、路線バス各社は感染対策のため、最前席の封鎖などを実施してきた。その根拠とされたのが、バス事業者による業界団体・日本バス協会が定めた「バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」だ。

   ガイドラインでは、20年5月14日に定められた第1版から「利用状況を踏まえ、バス車内の一部の座席の使用を禁止することや続行便を運行すること等により、乗客と乗務員や乗客同士の間隔を空け、乗客と乗務員が安心できる車内環境を確保するよう努める」と記載されてきた。

   それでも、同年7月21日改訂の第4版からは「乗客と乗務員の飛沫感染を防止する対策がとられている場合は除く」と追記され、22年12月1日改訂の第7版では追記含む文言自体が削除されるなど、感染対策としての座席封鎖は、ガイドライン上では解除の方向性に進んでいった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中