2024年 2月 27日 (火)

「顔と名前が一致しない」自虐も...結成18年目・AKB48が見せた覚悟 レーベル移籍で再起なるか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   AKB48が2023年4月26日に発売する61枚目のシングルは、グループにとって大きな転機になりそうだ。AKB48は08年からキングレコードから楽曲を発売してきたが、新曲はユニバーサルミュージック/EMI Recordsに移籍して発売されるためだ。

   アイドルグループの運営では、運営会社とレコード会社(レーベル)はきわめて密接な関係だ。成長の原動力になった握手会や選抜総選挙は、キングレコードが発案したり運営に携わったりしてきた。AKB48にとってレコード会社の移籍は08年以来15年ぶり。発表では、グループについて「結成18年目を迎え、レーベル移籍という新天地に立つ」と表現。新たな成長軌道が描けるかが問われそうだ。

  • 2023年4月26日発売の新曲に向けて公開されたAKB48のアーティスト写真。移籍後初の楽曲だ (c)AKB48
    2023年4月26日発売の新曲に向けて公開されたAKB48のアーティスト写真。移籍後初の楽曲だ (c)AKB48
  • センターポジションは2作品ぶりに本田仁美さんが務める (c)AKB48
    センターポジションは2作品ぶりに本田仁美さんが務める (c)AKB48
  • 発表前日に公開された予告動画では厳しい言葉が並んだ (c)AKB48
    発表前日に公開された予告動画では厳しい言葉が並んだ (c)AKB48
  • 2023年4月26日発売の新曲に向けて公開されたAKB48のアーティスト写真。移籍後初の楽曲だ (c)AKB48
  • センターポジションは2作品ぶりに本田仁美さんが務める (c)AKB48
  • 発表前日に公開された予告動画では厳しい言葉が並んだ (c)AKB48

ソニーからは「契約できませんよ」、「そうしたらキングレコードが拾ってくれて」

   AKB48は06年にソニーミュージック傘下の「デフスターレコーズ」から「会いたかった」でメジャーデビューしたが、赤字が積み重なって契約続行が不可能になった経緯がある。そこに参入したのがキングレコードだった。23年2月18日放送の「秋元康と佐久間宣行のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、総合プロデューサーの秋元康氏が当時を次のように明かしている。

「AKBは、ずっとソニーミュージックがやってくれたんですよ。で、全然売れなかったので、いともあっさりと肩をたたかれて『契約できませんよ』と言われて『そうですか...』と言って...。そうしたらキングレコードが拾ってくれて、キングレコードか出したら突然、『大声ダイヤモンド』(08年10月発売)から売れたわけですよ」

   秋元氏によると、ソニー側が背負った赤字は「多分2億ぐらい」。この埋め合わせをする意味も込めて、「公式ライバル」乃木坂46が誕生することになる。

「バーンと売れて、それでソニーはすごく慌てたわけですよ。で、その時のイメージで言うと、多分2億ぐらい赤字作っちゃったまま去っちゃったから、それを申し訳ないなという思いがあったので、じゃあもう1回やりましょうか、という話しになり...」

   キングレコード側のキーパーソンが湯浅順司氏。「涙は句読点 AKB48公式10年史」(2016年、日刊スポーツ新聞社)によると、当時の運営会社「AKS」にプレゼンし、後に移籍が決まったことを知らされると

「『やった!』と思いながらも、まだ役員にはAKB48の『え』の字も言ってなかった(笑い)」

という。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中