2024年 3月 2日 (土)

「手足があれば...」よぎったタラレバ 右手と両足を失った男が、それでも富士山登頂を目指す理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   20歳の時に事故で右手と両足を失った山田千紘さん(31)には2023年夏、富士山に登るという目標がある。平日はフルタイムで働く会社員。登山の経験もほとんどない。練習で登った筑波山では、険しい岩場で「手足があれば...」とタラレバがよぎる場面もあったという。

   それでもモチベーションは高い。重い障害がある体で、日本最高峰に挑もうと思った理由は何なのか。「目標としては大きいけど、10年前にリハビリを受けた時と考え方は同じ」という山田さん。富士登山への思い、チャレンジの意義、そしてその先について語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 筑波山を登る山田千紘さん
    筑波山を登る山田千紘さん
  • 山田千紘さん
    山田千紘さん
  • 筑波山を登る山田千紘さん
  • 山田千紘さん

僕のチャレンジは誰かのためでもあり、自分のためでもある

   手足を3本失った当時は「何もできない体になったのか」と、どん底に落ちました。だからこそ立ち直ってからは、「この体で何でもチャレンジしたい」と思って生きてきました。その中で挑戦したいと思ったのが山登り。登山の経験はほとんどなかったけど、登るなら日本最高峰の富士山を目指そうと、いつしか目標になりました。手足が3本ない体、それも片足は膝上まで切断した体で富士山を登った前例は、おそらくないと思います。

   難しい目標と思われるかもしれないけど、高い目標を設定するのは僕にとって大事なことです。事故で手足を切断してどん底を味わった時、本当にいろんな人が勇気や希望を与えてくれました。たとえば、歩ける喜びを感じられるのは義足メーカーのおかげです。今こうして生きていられるのは決して自分1人の力のおかげではありません。だから今度は、与えてもらった僕が成長した姿を見せて、勇気や希望を与える側になりたいと思っています。

   手足が1本ない人は「3本ない人がこれだけできるなら、自分も何かできるんじゃないか」と思ってくれるかもしれない。障害の有無にかかわらず「やりたいことがあるけど踏み出せない」という人もいると思います。そういう人も、良い意味で僕を比べる対象にして「自分も明日から何かやってみよう」と思ってくれたら嬉しいです。誰かのモチベーションが上がるなら、手足を失った僕の生きがいに繋がります。だから僕のチャレンジは誰かのためでもあり、自分のためでもあります。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中