2024年 6月 14日 (金)

吉田正尚、WBC国歌斉唱で唯一「仁王立ち」 妻が疑問も...聞いて納得「ちゃんと根拠があったとは」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、中国、韓国、チェコ、オーストラリアを下して準々決勝に進む侍ジャパン。

   そんな中、中軸を担う吉田正尚外野手(レッドソックス)の国歌斉唱に関心が注がれた。

  • 写真:CTK Photo/アフロ
    写真:CTK Photo/アフロ
  • ゆり香さんのインスタグラム
    ゆり香さんのインスタグラム
  • 写真:CTK Photo/アフロ
  • ゆり香さんのインスタグラム

「日本とアメリカで使い分けているそうです」

   吉田選手の妻で、元モデルで管理栄養士のゆり香さんは2023年3月11日、日本代表の国歌斉唱時の写真をインスタストーリーに投稿し、「毎回一人だけ仁王立ち貫くのなんでだろう」と投げかけた。

   写真には、チームメイトが帽子を胸に当てて歌う中、吉田選手が両手をまっすぐ下に伸ばしている姿が写っている。

   ゆり香さんの元には、「本来それが正しいらしいです笑」「胸に手を当てるのはアメリカ式みたいです」などと多くのダイレクトメッセージ(DM)が寄せられたようだ。ストーリーでこうした声を紹介し、「本人に聞いてみたらDM頂いた方々と同じこと言っていました!日本とアメリカで使い分けているそうです」と明かした。「ちゃんと根拠があったとは、、でも私だったら周りに合わせてやっちゃうな」と泣き笑いする顔文字とともに率直な感想も記した。

   米ニューズウィーク日本版は2019年7月、「国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感」と題した記事を配信していた。ジャーナリストのコリン・ジョイス氏が国歌斉唱について分析し、「『胸に手を当てる』はアメリカの習慣」と紹介していた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中