2024年 4月 23日 (火)

「あまりにも惨めな結果」「無気力だった」 WBC敗退決定の韓国代表を現地メディア酷評

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンド・プールB第4戦が2023年3月13日、東京ドームで行われオーストラリアがチェコ共和国を8-3で下し1次ラウンド突破を決めた。これにより韓国が最終戦を待たずに1次ラウンド敗退が決まった。

  • WBC韓国代表(写真:アフロ)
    WBC韓国代表(写真:アフロ)
  • WBC韓国代表(写真:アフロ)

練習不足によるコンディション調整の失敗も

   オーストラリアの結果次第では1次ラウンド突破の可能性を残していた韓国。地元メディアはオーストラリア勝利に伴う自国の1次ラウンド敗退を一斉に速報した。

   OSEN(WEB版)は、「また1次ラウンド脱落、『4強目標』は井の中の蛙 無駄な夢だった」とのタイトルで自国代表を酷評した。

   同メディアは、韓国はプールBで日本に続く2位を目指したが、初戦のオーストラリア戦を落とし計画に狂いが生じたと解説。日本戦だけを考えてオーストラリア、チェコ共和国、中国には無難に勝てると予想していたが、結果は1次ラウンド敗退で「井の中の蛙」だったと指摘した。

   そして試合内容も良くなかったとし、独自に原因を分析した。2月に米アリゾナ州で行った強化合宿では悪天候のため練習試合が中止になるなど練習不足によるコンディション調整の失敗があったと指摘。なかでも投手陣の多くが不調に陥り、自信を喪失した投手陣は多くの失点を余儀なくされたと解説した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中