2024年 5月 29日 (水)

高齢者の避難を「子供たちが手助け」番組内容に批判...黒潮町「大変残念」 NHK松山は「意識改革」に記事修正

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   高知県黒潮町が2023年3月15日、情報番組「四国らしんばん」(NHK)で10日に放送された南海トラフ巨大地震の防災特集への見解をツイッターに投稿した。

   番組では「四国らしんばん スペシャル『南海トラフ巨大地震 "若いチカラ"が命を救う』」として、地域の子どもが避難をためらう高齢者に声掛けする姿などが放送され、SNSで「子供にはまず第一に自分の身を守ることを教えなさいよ...」などと批判の声が上がっていた。NHK松山放送局はウェブサイトに番組内容をまとめた記事を掲載していたが「※公開当初の記事で避難訓練の趣旨が不明確だったため、3月12日に加筆・修正しました」として一部を加筆・修正している。

  • NHK松山放送局の番組記事より
    NHK松山放送局の番組記事より
  • 黒潮町のツイッター(@kuroshio_town)より
    黒潮町のツイッター(@kuroshio_town)より
  • NHK松山放送局の番組記事より
  • 黒潮町のツイッター(@kuroshio_town)より

「この一点が逃げ遅れに繋がるなら、全てが台無しと思います」

   放送では、黒潮町の小学生たちの避難訓練の様子を伝えた。地震で津波が来る可能性があるが、高齢者の多くが「どうやって逃げる?どこにも逃げられないでしょう」「もう、死ぬしかない」と避難をためらっているとして、「避難をためらう高齢者に対し子供たちが手助けし、避難に向かわせようという訓練が行なわれています」と伝えていた。

   SNSでは、災害発生時にこうした行動を取ることに批判の声があがった。

「子供にはまず第一に自分の身を守ることを教えなさいよ...」
「まず子供が東日本みたいなデカい災害が起きた時に、冷静に自分の身を守れるかさえわからない。大人だって慌てるのに」
「その他の対策がいかに素晴らしくても、この一点が逃げ遅れに繋がるなら、全てが台無しと思います」
「なんでこんな考えになるのか...高齢者も自分助けるために子どもが犠牲になるとか嫌だと思うんだが...」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中