2024年 5月 26日 (日)

厚労省アニサキス注意喚起ツイートにまさかのネコ→2万RT 周知に担当者喜び、実は自身の飼い猫

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   厚生労働省が食品の安全対策を呼び掛けるツイッターアカウント「厚生労働省食品安全情報」に、突如として猫が登場し大きな注目を集めている。寄生虫「アニサキス」に関して注意喚起するもので、サンマを模したぬいぐるみと猫がじゃれあう写真が掲載されていた。

   J-CASTニュースの取材に対し、厚労省の担当者は2023年3月17日、自身の飼い猫であると説明した。

  • 「厚生労働省食品安全情報」に猫
    「厚生労働省食品安全情報」に猫
  • 「厚生労働省食品安全情報」に猫

「猫パンチや猫キックではアニサキスは倒せません」

    「厚生労働省食品安全情報」が16日に投稿したツイートが、2万2000件を超えるリツイート、3万7000件を超える「いいね」が寄せられる大きな反響を呼んだ。「酢や塩での調理でアニサキスは死滅しません!」などとアニサキスの対策を説明する投稿だ。

「アニサキスは魚介類の寄生虫です。食酢、塩漬け、醤油、わさびでは死滅しないので、刺身やしめ鯖などの調理の際も目視確認が重要です。さらに、冷凍・加熱が有効です」

   ツイッターユーザーの注目を集めたのは、添付された画像だった。「鮮度を徹底」「目視で確認」「冷凍/加熱が有効」と、対策を記した文面の下にそれぞれ猫の写真が掲載されている。猫はサンマのぬいぐるみを抱えていたり、遠目にじっと見つめたりしている。

   猫がサンマのぬいぐるみとじゃれあうような写真には「猫パンチや猫キックではアニサキスは倒せません」とユーモアを交えた説明書きがあった。

   このツイートは「素晴らしい遊び心ですね!」「ねこちゃんかわいすぎて内容しっかりチェックしました」などと好評だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中