2024年 2月 25日 (日)

岸田首相「必勝しゃもじ」に批判続出 ゼレンスキー大統領に贈呈...SNS「いらないと思う」「恥ずかしい」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   松野博一官房長官は2023年3月23日の記者会見で、岸田文雄首相がウクライナに訪問した際に、ゼレンスキー大統領に「必勝しゃもじ」などを贈呈したと明らかにした。これに対し、SNSでは批判の声が相次いでいる。

  • 岸田文雄首相(2020年撮影)
    岸田文雄首相(2020年撮影)
  • 岸田文雄首相のツイッターより(@kishida230)
    岸田文雄首相のツイッターより(@kishida230)
  • 岸田文雄首相(2020年撮影)
  • 岸田文雄首相のツイッターより(@kishida230)

「ゼレンスキー大統領への激励と平和を祈念する思い」

   松野氏は、岸田氏の地元・広島の名産品「必勝しゃもじ」と広島の焼き物・宮島御砂焼による「折り鶴をモチーフにしたランプ」を贈呈したと明かした。

   贈呈品選定の理由については、「ロシアによるウクライナ侵略に立ち向かうゼレンスキー大統領への激励と平和を祈念する思いを伝達するためであります」だと説明している。

   これに対し、SNSでは「いらないと思う」「恥ずかしい」などの批判が相次いでいる。

   岸田首相は3月21日、ウクライナに訪問し、首都・キーウでゼレンスキー大統領と会談した。岸田首相がポーランドの駅から列車に乗り込む様子を一部メディアが報じた際、積み込まれる物資に「うまい棒」と書かれた段ボールが映り、SNSで話題になった。

   産経新聞は23日、段ボールの中身は広島の宮島で作られた50センチほどのしゃもじだと報じていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中