2024年 5月 29日 (水)

大谷翔平に真っ先に飛び込むも...まさかのスルー WBC優勝直後の侍メンバーにSNS爆笑「いなされている」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2023年3月22日に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦で日本がアメリカを下し優勝が決まった直後、ベンチから飛び出した牧秀悟内野手が大谷翔平投手の元へ誰より先に駆け寄るも、ハグをスルーされる姿が話題になった。

  • WBC優勝を決め、グローブと帽子を放り投げる大谷翔平投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    WBC優勝を決め、グローブと帽子を放り投げる大谷翔平投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • WBC優勝を決め、グローブと帽子を放り投げる大谷翔平投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「華麗にスルーされる牧くん」

   大谷選手がアメリカのマイク・トラウト外野手を空振り三振に切って取り、日本の優勝が決定。大谷選手はグローブと帽子を放り投げ、選手たちとハグし合った。

   誰より早くベンチから飛び出し、大谷選手の元にジャンプして飛び込んだのが、ムードメーカーの牧選手。しかし大谷選手は飛び込んでくる牧選手のハグをいなすように「スルー」し、この日バッテリーを組んだ中村悠平捕手と抱擁を交わした。

   この場面にSNS上では、「華麗にスルーされる牧くん」「めっちゃうける」「しっかりと大谷にいなされているところは、いかにも牧らしい」「福男みたい」などの書き込みが相次いでいる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中