2024年 6月 15日 (土)

「ソラミミストは引退しました」 タモリ倶楽部終了...安斎肇さんに聞いた「空耳アワー」の30年

   1982年10月に放送を開始した「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)が2023年3月31日深夜(4月1日未明)に最終回を迎える。

   J-CASTニュース編集部は、番組の人気コーナー「空耳アワー」で「ソラミミスト」を務めていたイラストレーターの安斎肇さん(69)に、コーナーの歴史や裏話などを聞いた。

(聞き手・構成/J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

  • 安斎肇さん(提供写真)
    安斎肇さん(提供写真)
  • 印象に残った「空耳アワー」作品上位5選
    印象に残った「空耳アワー」作品上位5選
  • 印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
    印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
  • 印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
    印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
  • 印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
    印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
  • 安斎肇さん(提供写真)
  • 印象に残った「空耳アワー」作品上位5選
  • 印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
  • 印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)
  • 印象に残った「空耳アワー」作品(6位以下)

ボツも含めると...作品数は5500本!

   同番組では、外国語の歌詞があたかも日本語であるかのように聞こえてしまう現象を「空耳」と名付け、そのように聞こえる箇所を視聴者から募集。それに番組側が映像をつけて映像作品にした上でそれを放送する「空耳アワー」というコーナーが3月24日まで放送されていた。

   安斎さんは1992年のコーナー開始から番組MCのタモリさん(77)と共に企画を担当。複数回の休止を挟みつつ、約30年の歴史を重ねてきた。インタビューで編集部がまず聞いたのは、投稿された空耳の選考過程だった。

――送られてきた空耳の選考はどのような行程で行われていたのでしょうか?

安斎:最初の頃、それこそ始まったばかりの頃は、「スタッフさんが投稿を元に実際の音源で確認」→「聞こえる+面白いかをスタッフさんが協議し数本を映像化」→「その映像を元にさらにスタッフさんが会議を開き、3本に絞り込む」→「収録直前に僕だけ音源のみ聞いて、そして、タモリさんと収録で初めて映像を一緒に見る」というものでした。その後、1年ほどしたら僕は事前に聞くこともなくなり、タモリさんと一緒にVTRを見ていたので、『横で座って見てるだけ』になりました(笑)。なので、コーナーで紹介するまでにものすごい労力を使っているのは空耳を見つけた人と映像を作った人です。

――そうだったんですね! ところで、3月24日には最後の空耳アワーが放送されましたが、そこでは、放送されなかった作品が約1500本あったことが明かされました。同日の放送では新作はもちろん放送されましたが、その一方でボツ作品も放送されましたね。

安斎:放送されたボツ作品ですが、僕は正直、面白かったです(笑)。空耳作品はこれまでに4000本以上が放送されてきたので、ボツ作品も入れると約5500本という膨大な本数のVTRが作られてきたんですよ。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中