2024年 6月 18日 (火)

「下がれよ!」「お前だよハゲ」撮り鉄集団が罵声大会 救急隊出動で警察沙汰に...JR東「トラブルあった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   珍しい回送列車を撮ろうと、東京都東村山市内のJR武蔵野線・新秋津駅のホームに鉄道ファン約50人が集まり、撮影を巡ってトラブルになったことが分かった。

   一部のファン同士でケンカになり、うち1人が顔を殴られ出血したとの情報もネット上で流れた。警察や救急隊も出動しており、JR東日本八王子支社は、「お客様のトラブルが発生しました」と取材に説明している。

  • EF64形の電気機関車(写真はイメージ)
    EF64形の電気機関車(写真はイメージ)
  • EF64形の電気機関車(写真はイメージ)

「お前だよ、お前だよ、ハゲ」などと罵声を浴びせる

   このトラブルについては、ツイッター上で2023年3月28日深夜、動画や写真が次々に投稿された。それらを見ると、一部のファン同士が罵声を浴びせ合ったり、救急隊が担架をホームに置いて活動したりする様子が映っていた。

   ファンらは、回送列車が駅に近づくと、「下がれよ!」「お前だよ、お前だよ、ハゲ」などとお互いに言い合いをしていた。中には、一部ファンが一般客に場所を移動するよう求めたり、黄色い線の内側を走ったりしたという情報もあった。

   一方で、「罵声止めろって、譲り合おう」「ほんとに危ねえだろがよ」などと注意するファンもいた。救急隊が到着すると、「担架来るから、後ろもっと下がれ」との呼びかけも出て、現場は混乱していた。

   そんな中で、ファンの1人が別のファンを殴り、被害者のファンがまぶたの上を切って出血したと伝える投稿もいくつか出た。カメラのレンズが壊されたことが原因との目撃証言もあったが、真相は不明だ。

   JR東日本八王子支社の広報担当者は29日、J-CASTニュースの取材に対し、前日28日の22時ごろに、撮影目的の鉄道ファン約50人が新秋津駅に集まり、上り線のホームでトラブルが発生したと説明した。ホームにいた客が最初に119番通報したという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中