2024年 4月 21日 (日)

中国外務省が坂本龍一さん哀悼&称賛 「深い教養と慈愛に満ちた音楽」「両国の友好と交流に貢献」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   坂本龍一さんの死去を惜しむ声は、世界各国でも広がった、特に中国では、中国外務省が2023年4月3日に開いた定例会見で中国紙の記者が訃報について質問し、報道官がお悔やみの言葉を口にした。

   中国を舞台にした映画「ラストエンペラー」を筆頭に、坂本さんの経歴を詳報する中国メディアも相次いだ。

  • 坂本龍一さん。中国でも広く知られた存在だった(写真:REX/アフロ)
    坂本龍一さん。中国でも広く知られた存在だった(写真:REX/アフロ)
  • 坂本龍一さん。中国でも広く知られた存在だった(写真:REX/アフロ)

記者「あらゆる世代の多くの中国人ファンから支持され、好かれていた」

   中国外務省ウェブサイトの会見録によると、北京青年報の記者が坂本さんについて

「中国の歴史と文化に深い愛と尊敬の念を抱いていた。また、中国の新型コロナとの戦いを支持し、健康状態がすぐれない中でも日中文化交流イベントに参加したこともある。そのため、坂本さんはあらゆる世代の多くの中国人ファンから支持され、好かれていた」

として、見解を求めた。

   毛寧副報道局長は次のように述べ、日中関係への貢献をたたえた。

「坂本龍一さんの逝去に深い悲しみを覚えるとともに、ご家族に哀悼の意を表したい。坂本さんは世界的な作曲家だ。深い教養と深い慈愛に満ちた彼の音楽は、多くの人の心を動かしてきた。坂本さんは、中日間の人的交流、文化交流の熱心な提唱者であった。代表作には、多くの中国的な要素が盛り込まれている。彼は具体的な行動で、両国の友好と交流に貢献した。人と人との友情は、二国間の関係をより高い段階に押し上げる。両国のより多くの人々が、これまでの成果を基に、中日友好の促進に貢献することを望んでいる」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中