2024年 4月 21日 (日)

那須川天心デビュー戦は「後半KOが理想」識者指摘 「神童」優位動かぬも...「早期決着は得策でない」ワケ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   キックボクシングからプロボクシングに転向した那須川天心(帝拳、24)が2023年4月8日、東京・有明アリーナで日本バンタム級2位・与那覇勇気(真正、32)とスーパーバンタム級6回戦を行う。那須川はボクシングのデビュー戦となる。

  • 那須川天心選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    那須川天心選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 那須川天心選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「与那覇選手にも十分チャンスはある」

   キックボクシングで42戦無敗を誇り、満を持してボクシングに転向した那須川。今年2月のプロテストでB級ライセンス(6回戦)を取得し、デビュー戦でいきなり日本ランカーと対戦する。アマチュアでボクシングの実績がない選手が6回戦デビューするのは異例のことだ。

   キックボクシングの「神童」はプロボクシングの世界で輝きを放つことができるのか。J-CASTニュース編集部は、TMKジムの金平桂一郎会長(57)に展望を語ってもらった。

   那須川と対戦する与那覇は高校、大学でアマチュアのリングに上がり、プロでは12勝(8KO)4敗1分の戦績を残している。アマチュア、プロを通じて豊富なボクシングキャリアを誇り、デビュー戦の相手としてはハイレベルな選手だ。

   金平会長は「与那覇選手のモチベーションは高いでしょう。ここで勝てば一気に知名度が上がる。ボクシングは何があるか分からないですし、与那覇選手にも十分チャンスはあると思います」と期待を寄せるも、那須川優位は動かないと指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中