2024年 4月 22日 (月)

大谷翔平の兜姿、2年前に予言されていた?! 「まさか本当になるとは」人気演歌歌手びっくり

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   演歌歌手の川野夏美さんが2023年4月10日、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が兜を被った姿について、約2年前に自身が描いたイラストとそっくりだとして、「もしかしてエンゼルスのスタッフさんこれを見てくれた?」と反応した。

   大谷選手は10日のブルージェイズ戦で、花巻東高の3学年先輩にあたる菊池雄星投手から3号2ランホームランを放った。

  • 大谷翔平(写真:AP/アフロ)
    大谷翔平(写真:AP/アフロ)
  • 大谷翔平(写真:AP/アフロ)

「もしかしてエンゼルスのスタッフさんこれを見てくれた?」

   ホームランを放った後、ベンチで立派な兜を被せられた大谷選手。実はこの兜、本拠地初戦から、本塁打を放った際のパフォーマンス用に購入されたもの。スポーツ紙の報道によれば、球団関係者が発案したという。

   この兜について、川野さんは10日のツイッターで、「もしかしてエンゼルスのスタッフさんこれを見てくれた?」と反応し、約2年前に描いたという、「もしも大谷翔平さんが戦国武将だったら...」というイラストを公開した。

   そこには、エンゼルスの「A」のアルファベットが入った赤い兜と、赤い甲冑を着用した大谷選手の似顔絵が描かれていた。21年7月のイベントでも披露しており、イラストを手にする川野さんの姿はスポーツ報知に報じられていた。

   川野さんは、「まさか本当に兜をかぶることになるとは」と感嘆しつつ、「大谷翔平選手ナイス・ホームラン!」と祝福していた。

   このツイートにファンからは、

「すごい先見の明」
「絶対見て欲しいですね」

という声が集まっていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中