2024年 5月 26日 (日)

リーグ連覇へ好発進ヤクルト、「田口は抑えに適している」 元巨人コーチ分析...唯一の不安は?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球ヤクルトが2023年4月9日、甲子園球場で阪神と対戦し1-1で引き分けた。3回に1点を先制されるも7回に同点に追いついた。8回以降、両軍投手陣が踏ん張り延長戦にもつれ込んだが決着はつかず。ヤクルトは同カード1勝1敗1分けとし、リーグ首位を堅守した。

  • 画像はイメージ(編集部撮影)
    画像はイメージ(編集部撮影)
  • 画像はイメージ(編集部撮影)

「投手陣は現戦力の底上げがうまく進んでいる」

   リーグトップのチーム防御率0.77を誇るヤクルトは初戦を3-1で勝利し、接戦となった第2戦は0-1で落とした。第3戦は1-1の引き分け。3試合で失点はわずか3点だった。開幕から9試合を行い、救援陣がいまだ無失点を続けており投手力の高さがチームを首位に押し上げている。

   リーグ3連覇に向けて好スタートを切ったヤクルト。この勢いのままペナントレースを突っ走るのか。J-CASTニュース編集部は、ヤクルトOBでヤクルト、巨人、西武、楽天でコーチを務めた橋上秀樹氏(57)に今季のヤクルトの戦力を分析してもらった。

   橋上氏は「阪神との3連戦はヤクルトの投手力の強さを感じました」と振り返り、「開幕してから9試合ですが、いまだ中継ぎ投手の失点がない。開幕したばかりとはいえこういうケースはなかなかない。今シーズンはどちらかといえば打撃のチームという印象だったが、投手陣が非常に整備されている。昨年からメンバー的にはそれほど変わっていないが、現戦力の底上げがうまく進んでいる」と解説した。

   安定した投球を見せる救援陣の中でも高い評価を与えたのが、石山泰稚投手(34)、星知弥投手(28)、田口麗斗投手(27)の3選手だ。石山は今季5試合に登板して2勝3ホールド。星は5試合に登板して1勝をマーク。今季から抑えを任されている田口は5試合に登板し1ホールド、4セーブを挙げている。

   橋上氏は「ヤクルトの投手陣は、他のチームと比べるとコントロールの良さが際立っている」と評価し次のように続けた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中