2024年 4月 23日 (火)

車のホイールナット、逆向きに付けてはダメ? ネットで反響の豆知識、業界団体に真偽を聞いた

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   乗用車などにタイヤを取り付ける際、ホイールナットを逆向きに付けてはいけないと、ツイッターで指摘が出て、関心を集めている。

   他の機器では、角が丸くなった側を手前にナットを付けることも多いが、車ではそうすると危ないというのだ。その真偽について、アルミホイールの業界団体に取材した。

  • プロに任せるのが一番だという(写真はイメージ)
    プロに任せるのが一番だという(写真はイメージ)
  • 正しい向きのナット装着(JAWAのアルミホイール啓発PVから)
    正しい向きのナット装着(JAWAのアルミホイール啓発PVから)
  • プロに任せるのが一番だという(写真はイメージ)
  • 正しい向きのナット装着(JAWAのアルミホイール啓発PVから)

「逆向きだと、走行中に緩んでホイールが外れる危険がある」

   ホイールナットの逆向き装着については、自動車販売の関係者とみられるツイッターユーザーが2023年4月11日、正しい向きとの比較写真を投稿した。

   それは、ナットがホイールにはまるナット座の穴が斜めになっているからだという。もし逆向きに付ければ、ナットとナット座にすき間ができて密着せず、振動でナットが緩んでしまうと指摘されていた。

   この投稿は、大きな反響を呼び、3万件以上の「いいね」が付いている。リプライには、知らなかったと驚く声も寄せられていた。

   他の機器でよくあるように、角が丸くなった方を手前にしてホイールナットに装着するのは、本当にNGなのだろうか。

   アルミホイールメーカーの業界団体として活動している日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会のJAWA(ジャパンライトアロイホイールアソシエイション)事業部は12日、ナットとナット座の形状を合わせる必要があるとJ-CASTニュースに取材に説明した。

「形状が合っていませんと、正常に取り付けされているように見えても、走行中に緩んでホイールが外れる危険があります。取り付ける方向を間違えますと、大きなリスクになってしまいます。間違えたまま走行している車がどれだけあるか、過去にタイヤが外れて事故が起きたことがあるかについては、存じ上げていません」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中