「入社4日で退職決意」「新卒が2日で6人消えた」...いったい何が? Twitterに見る「スピード退職」問題の難しさ

   4月に新年度がスタートし、新入社員として働き始める人が多くなる季節になりました。そんな中、Twitterでは新入社員が勤務開始からわずかな期間で退職してしまった、という話題が定期的に拡散されます。

   ツイートまとめサービスのTogetterが解説する「3分くらいでわかる週刊Twitterトレンド【J-CAST出張版】」、今回は「新入社員の退職」に関する話題を掘り下げます。

  • スピード退職、原因はどこに?(画像はイメージ)
    スピード退職、原因はどこに?(画像はイメージ)
  • スピード退職、原因はどこに?(画像はイメージ)

「退職RTA」は春の風物詩?

   新卒社員が入社直後に退職してしまったとの報告は、毎年のように出てきます。この現象を、ゲームをいかに短時間でクリアするかを競う「RTA(リアルタイムアタック)」になぞらえて「退職RTA」と表現するTwitterユーザーも。

   たとえば2021年の4月1日には、新入社員が出社後2時間で会社から姿を消し、その1時間後にその人の親御さんから退職願いの連絡があった、という報告が注目されました。

「退社RTAかな」新入社員が出社して2時間でいなくなり1時間後に親御さんからもう辞めると連絡があった -Togetter

   投稿者は「社会人11年目ですがここまで速い記録は初めてみました」とコメント。その判断の早さに驚く反応が多い中、「最速5分(で退職した人)がいましたね」「初日に電車賃がないので出勤できませんって電話してきてそのまま辞めた人がいた」といった、さらに短い時間で退職に至ったという報告も複数あがっています。

   23年の4月4日には、24人いた新入社員が、勤務開始から2日目にして18人に減ってしまった、というツイートが驚きを呼びました。

弊社新入社員24人、2日目にして残り18人に「デスゲームかよ」 -Togetter

   投稿者によると、入社日初日に5人が無断欠勤して音信不通になり、2日目に1人が電話での退職を伝えたそうです。

   にわかに信じがたい事態に「1日もこないっていうのはどういう状況なんだろう?」「新人がヤバいのか、会社がヤバいのか」と疑問を投げかける声や、「出勤がたった1日でも入社から退職の手続きをしないといけない総務(人事担当)の事務処理の手間と言ったらない」と現場の混乱を想像する反応もありました。

姉妹サイト