2024年 3月 3日 (日)

巨人ブルペンに「改善見られない」元コーチ指摘 勝ちパ不在「綱渡り継投」の問題点は

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球の巨人が2023年4月16日、バンテリンドームで中日と対戦し5-7で敗れリーグ最下位に転落した。中日との3連戦を1勝2敗と負け越し、中日との開幕カードを除き4カード連続で負け越した。開幕から15試合を行い、早くも10敗目を喫した。

  • 巨人・原監督(編集部撮影)
    巨人・原監督(編集部撮影)
  • 巨人・原監督(編集部撮影)

「安心して送り出せるのは大勢投手くらい」

   4位に終わった昨季はチーム防御率、失点ともにリーグワースト。今季は投手力アップが大きな課題だったが、開幕からここまでチーム防御率、失点ともにリーグワーストを記録している。救援陣の勝ちパターンが固定できず苦しい展開が続いている。

   巨人でコーチを務めた橋上秀樹氏(57)は、「昨年からブルペン陣の弱さが数字に出ていたが今年も改善されていない。昨年から伸びしろがあるかと言われれば、鍵谷(陽平)投手や田中(豊樹)投手にしても若い選手ではない。年齢的にも力的にも他の球団とは見劣りすると感じます」と解説し、次のように持論を展開した。

「救援陣では安心して送り出せるのは大勢投手くらいで苦しいやりくりが続いている。当初は勝ちパターンとその他のパターンを色分けはしていたのでしょうけれども今はごっちゃまぜになってしまっている。その時、その時に状態が良いと判断された投手が登板していくことになり、綱渡り的な継投になるのではと感じています」

   セットアッパーとして期待されている新外国人選手のヨアン・ロペス投手(30)は、開幕戦を含めて今季3試合に登板したが制球に苦しみ4月6日に出場選手登録を抹消された。高梨雄平投手(30)は13日に出場選手登録を抹消され2軍で調整している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中