2024年 5月 29日 (水)

中国人ボクサー「世界ヘビー級暫定王座」の快挙、日本に影響は? 専門家が語る期待と「育成の難しさ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロボクシングのWBO世界ヘビー級暫定王座タイトルマッチが2023年4月16日、英カッパー・ボックス・アリーナで行われ、挑戦者・張志磊(中国、39)が暫定王者ジョー・ジョイス(英国、37)を6回TKOで破り王座を獲得した。世界主要4団体(WBA・WBC・WBO・IBF)でアジア系初のヘビー級暫定王者となった。

  • 但馬選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    但馬選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 但馬選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

日本ボクシング界はヘビー級活性化目指す

   現在、世界ヘビー級は2人の正規王者が存在しており、オレクサンドル・ウシク(ウクライナ、36)がWBA・WBO・IBFの3団体王座を保持。WBC王座はタイソン・フューリー(英国、34)が保持している。WBO暫定王者の張はウシクの有力対戦候補となり王座統一戦出場の可能性が出てきた。

   かつてはモハメド・アリ、マイク・タイソンらがヘビー級の頂点に君臨し世界中の注目を集めた。多くの世界王者を輩出してきた日本ボクシング界にとってヘビー級の世界王者は長年の悲願である。「暫定」の2文字が付いているものの、最重量級で世界の頂点に立った張の快挙は日本ボクシング界にどのような影響を与えるか。J-CASTニュース編集部はTMKジムの金平桂一郎会長(57)に話を聞いた。

   日本のヘビー級は、但馬ミツロ(KWORLD3、28)が日本王者に君臨している。現状、日本王者は存在しているが、日本ボクシングコミッション(JBC)の最新日本ランキングには1人の選手も入っていない。したがって但馬は日本のジム所属選手相手に日本王座の防衛戦を行えない状況にある。

   金平会長は「日本ボクシング界はここ10年間、ヘビー級を活性化させようと取り組んできました。まだまだですが相当アクティブにやってきました」とし、「張選手の暫定王座獲得は日本のみならず世界に与えた影響は大きい」と指摘した。

   そして今年3月に現役引退を発表した元WBA世界ミドル級王者・村田諒太氏(37)の功績に言及し、張の快挙に結び付けた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中