2024年 2月 23日 (金)

大混雑の過去も...今や「後発施設と勘違い」 来場者数ピークの1/4、かつての人気水族館が下す決断

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   半数以上の人が場所を知らないか、近隣の水族館と勘違いをしている――。東京都品川区にある「しながわ水族館」について、同区が実施した認知度調査の結果がツイッター上で話題を呼んだ。

   実はしながわ水族館は開館当初、「イルカショー」を目玉に年間利用者数160万人を超える人気施設だった。しかしその後、首都圏に競合水族館が相次いでできると、利用者数は4分の1以下まで減少。施設の老朽化も課題となる中、区はある決断を下すことになる。

  • 認知度話題の「しながわ水族館」が下す決断(写真:アフロ)
    認知度話題の「しながわ水族館」が下す決断(写真:アフロ)
  • しながわ水族館とよく間違えられる「マクセル・アクアパーク品川」(公式サイトより)
    しながわ水族館とよく間違えられる「マクセル・アクアパーク品川」(公式サイトより)
  • 認知度話題の「しながわ水族館」が下す決断(写真:アフロ)
  • しながわ水族館とよく間違えられる「マクセル・アクアパーク品川」(公式サイトより)

「かわいそ過ぎる」「私も勘違いしてたや」

   「かわいそ過ぎる」「切ない」――。2023年4月中旬、ツイッター上でこんな反応が寄せられたのは、品川区南部にあるしながわ水族館のリニューアル計画に際して、区が22年5月に公表した資料だ。水族館の商圏を対象にしたアンケート調査で施設の認知度を聞いたところ、全体の2割が「知らない」と回答。さらに37.2%が最寄り駅を「品川駅」と答えた。

   しながわ水族館の最寄り駅は品川駅(港区)ではなく、京急本線の大森海岸駅(品川区)や京浜東北線の大森駅(大田区)、また大井町駅(品川区)だ。一方で品川駅前には、しながわ水族館と同じ「イルカショー」を実施している水族館「マクセル・アクアパーク品川」が立地している。区は調査で「品川駅」と回答した人は「マクセル・アクアパーク品川と勘違いしていると推察される」と分析した。

   この調査結果がツイッターで話題になったことで「え...別...?」「私も勘違いしてたや」などと、はじめて自分が混同していたことに気付く人もいたようだ。しながわ水族館の公式ツイッターは19日に「しながわ水族館へのアクセスですが、最寄駅は『大森海岸駅』です!お間違いのないよう...よろしくお願いいたします」と投稿している。

   この調査結果について品川区防災まちづくり部公園課の担当者は19日、J-CASTニュースの取材に「30年以上の歴史の中でまだまだ認知度が至っていない」としつつ、「今回のリニューアルで素晴らしい施設にしたい」と話す。一方で、「のんびり見られてとてもいい水族館」「丁寧な展示でとても好き」など、水族館の魅力を伝えた投稿も寄せられたことには「うれしかった」と語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中