「ストリートピアノいらない」→ピアニストYouTuberが反論 駅撤去で話題「利用者側のマナーだと思う」

   JR加古川駅に設置されたピアノが撤去されることが話題になる中、人気ピアノYouTuberよみぃさんが2023年4月25日、動画を更新し、「ストリートピアノそもそも要らない」という意見に対して「ストリートピアノそのものじゃなくて利用者側のマナーだと思う」と反論した。

  • (写真はイメージ)
    (写真はイメージ)
  • (写真はイメージ)

「ルールやマナーについてしっかり考慮してストリートの演奏をしていく」

   加古川駅のピアノをめぐっては兵庫県加古川市が20日、一時休止・撤去すると発表。演奏のルールやマナーを守らない利用者に対する対策を講じていたが、迷惑行為が続いたため、30日をもって撤去するとした。

   神戸新聞が24日に報道するとインターネット上で話題になり、「撤去は仕方ない」「これ、流行りだけど場所を選ぶ」「マナーやモラルを守って弾いて欲しい」などの声が上がった。

   こうした中、街中などに置いてあるストリートピアノの演奏などで知られる登録者数210万人超のYouTuber・よみぃさんが25日、「ストリートピアノ辞めろって言う奴に言いたい事。byよみぃ【駅ピアノ撤去の件について】」と題した動画を公開した。

   「『俺もマナーやルール守れてるよな?』って他人事に思えなかったんですよ」と切り出したよみぃさんは、「そもそも(苦情の原因の)ストリートピアノやめた方がいいんじゃないか」といったコメントに対し、「ちょっと違うんじゃないかなと思ってて」と反論した。

「ストリートピアノの人気が広がりすぎたために、より今まで以上にそのマナー・ルールに関して世間の目が触れやすくなってしまった。結果『苦情も入りやすくなってしまった』っていう、そういう方が近いんじゃないかなと思うんですよ」

   ストリートピアノが良くないものだと思われる理由について、よみぃさんは「ストリートピアノそのものじゃなくて利用者側のマナーだと思うんですよね」と見解を示し、また「何に対しても苦情を入れる人っているんですよ」とも述べる。

   よみぃさん自身がストリートピアノを弾く上で意識していることとして(1)設置場所に書かれたルールやマナーを守る(2)演奏時間を守り、並んでいる人がいたら譲る(3)初心者でもプロでも「お客さんに聴かせる演奏」というつもりで演奏する――の3点をあげている。

   最後に「僕のような日本を代表するストリートピアニストが今後弾きに行くときには今まで以上にそういった各設置場所のルールやマナーについてしっかり考慮してストリートの演奏をしていくことを心がけたらいいんじゃないかなと思いました」と話している。

姉妹サイト